移動平均線の方向を考えながらトレードシナリオを描く 本日のテクニカル分析【2月8日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月8日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつあります。
長期(青)はわずかに安値を切り上げたところから大きく高値を更新しましたが、4時間足~日足レベルの抵抗線からの反発売りと日足移動平均線(赤)に対しての戻り売りが入り、いったん大きく下落。


その後前回の安値を割ることなく、再度反転上昇。しかし日足の方向の壁は厚いのか、4時間足移動平均線(青)の方向を上向けるまでに至らず。


短期(緑)は長期(青)の前回の安値を割ら前に安値を切り上げ。
パターン的には日足の下げ止まり感が出て買いが入りやすいところ。


ですが、下げ方向の日足移動平均線(赤)に対しての戻り売りと、やはり同じく下げ方向の4時間足移動平均線(青)に対しての戻り売りが入り、まだ一方的に買われる局面ではありません。
短期(緑)的に高値をそろえてきているので、ここを越えてくると4時間足移動平均線(青)の上方向を確定させてくるかも?
日足で下げ止まりの認識をされていれば、買いが入ってくる可能性が高いです。


ですが、ここで高値をそろえて越えることができずに反転下落してきた場合、結局上位足の方向にダブルトップからの下落を誘発する形を築いただけということにもなりかねません。
というわけで、当然売りシナリオも必要となります。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
長期(青)は下げダウだったところから安値を切り上げるも、日足(水色)と4時間足(赤)の下げ方向に阻まれ、直近高値を更新しきれていません。


短期(緑)は一度直近安値を割るも大きく上昇し、安値も切り上げつつありますが、逆にこの安値は、割ってくると上位足方向への1時間足移動平均線(青)の下げ方向を確定させかねない安値となっています。


だけど4時間足~日足で下げ止まり感がある中、売っていくよりも買いの形になってほしいのが正直なところ(笑


長期(青)の高値を越えてくると4時間足の方向が、短期(緑)の安値を割ってくると1時間足の方向が確定してきて、それなりに優位性がある形となっていますので、現時点の形であればトレードシナリオは難しくありませんね(*^^*)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

分かりやすい

手法関連の書籍は何冊も読みましたが、最も腑に落ちる、説得力のある内容でした。
後は、実践して身につけて、資産を増やす事ができれば…成功です。
頑張ります


素晴らしい

とっても素晴らしい内容です
基本的な内容ですが、これだけの知識が自分の中にきちんと収まるまで何度も反復して読めば読むほどにその都度発見があり、成果も出ています
これだけのものがこんなに簡単に安く手に入れられていいの⁉️という気持ちになります
ありがとうございます
これからもいつも読み返していきます


とても良い

これまで株をメインにやってきて、3倍近くまで利益を伸ばして以降、徐々に負けが目立つようになってきました。
これまで何冊かの書籍を読んできましたが、とてもわかりやすく解説されていて実践的です。
ここからの再起を支えてくれる良書だと感じています。


必ず手に取るべき書

投資歴はそこそこあり、大きく利益あげていた事もあったのですが、近年大負けをし、資産の大半を失いました。
プロと言われる機関投資家から情報を得て、トレードをしていたのですが、
相場に絶対はなく、相場の逆行に対応することができませんでした。
だからこそテクニカル分析がとても重要だということ。
ネットでたまたま発見した維新の介先生の書を疑心暗鬼で始めてみましたが、目から鱗でした。
投資は情報が全てだと思っていましたが、技術なんだど。
この書籍は理論明晰で投資技術を磨くバイブルになるだと思います。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/02/08 08:37 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

勝率とリスクリワード比を大きく改善する方法 本日のテクニカル分析【2月7日(水)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月7日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
長期(青)は安値をわずかに切り上げたところからネックライン(直近高値)越えで上昇ダウ・・だったのですが、4時間足日足レベルの抵抗線と日足の戻り売り勢力により、大きく下げてきました。


ですがまだ直近安値(青)は割っておらず、ここで急反発上昇していることから、日足レベルのダブルボトムを築く可能性がでてきました。


短期(緑)は高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続です。
これも急反発上昇中なので、ここらで安値切り上げを築いてくれたら、今後買いが安定して入りやすい状況になりそうです。


また、長期レベルで安値を割らずに、レートがここらで停滞すればするほど、日足移動平均線(赤)は水平気味になるため、今後売られる可能性が減ってきますし、当然買われる可能性が高まってくるということです。


わかりやすいダブルボトムというのは、私のなかでの認識では「押し目」となります。
ならば、上位足のダブルボトム形成中のさらに下位足の押し目は買いパターンです。


だけど当然、ダブルボトムはネックライン(直近高値)を更新してくるまでは売りも入りやすいため、相場環境としては少々リスクが高いということは把握しておく必要があります。


そして現在はレートはまだ4時間足移動平均線(青)の下にありますし、抵抗線となりそうな節目ラインも存在するため、短期(緑)レベルで高値を切り下げながら、さらに売られる可能性も当然あります。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新で下げダウを継続していましたが、過去の安値ライン上で反発急上昇。
さらに1時間足移動平均線(青)にまでつながりました。
そしてその1時間足移動平均線(青)に支えられる形で押し目をつけて現在上昇中。


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新で上昇ダウ継続中ですが、レジサポ逆転ラインの節目がちょっと抵抗になっているか?というところ。
4時間足移動平均線(赤)に対する戻り売り可能性もあり、少々気を付けなければいけないところです。


基本的には、デイトレードといえども1時間足の移動平均線(20)に逆らわず、そしてできるだけその移動平均線から「乖離していない」ところから獲りにいくこと。
この2つを守るだけでも勝率とリスクリワードは大きく変わるはずです。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バイブルの1つになりそうです

トレードの基礎であり、決して飛び越えてはいけない重要な知識が凝縮して詰め込まれてる一冊だと思います。
初級トレーダーなら持っておくと絶対為になると思います。
私の場合は、自分がどれだけ曖昧な知識でトレードしていたのかを、思わず何度も苦笑しながら謝ってしまうほど指摘してくれました...。
この一冊に出会って、トレードに対する自分がガラッと変われてきていると思います。
とても感謝しています。
論理的思考で解説してくれているので、とても納得でき、冷静な判断力もつくと思います。
維新流の介さんのサクサクとした論理的解説が好きになり、さらに深掘りしたトレード関連商品が欲しくなり、ワクワクしながら購入しました。
そちらも気に入っています。
それら含め、この一冊も何度も読み返して消化し、トレード力アップに繋げたいと思います。
本当にありがとうございます。


基礎知識に対する理解

初めは維新流トレード術を手にするか迷いました。
どの本も、表面上の知識[インターネットでも検索できる内容]しか書いてなく、
知った気になれても、いざ実践する場面になると、結果的に負けてきたからです。
 しかし、それはテクニカル分析の根底にある相場の原理原則という観点から相場と向き合う為の知識が無いことに、この本に出合うことで理解することが出来ました。
 今は相場に通じる時間で変化しない原理原則をより深く考えることで収支が若干ながらが安定してきました。
これからも勉強は続けていきます。
因みに、買う決意をした本当の理由は、送料以外の資金が無料であったことが一番の要因です。


今迄、手法ばかりにとらわれていました。

もう10年も前に読んだ、本に書いてあった通りにトレードをして大負けをしました。
その後、相場を見ることからも遠ざかりました。
まだ、リアルトレードをするに当たっての資金がないので、日々勉強をしている最中ですが、
過去の負けた理由がだんだん解るようになってきました。
この教材は武道の教えで言うところの、「守破離」の守としては最高の書籍だと信じます。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/02/07 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

投資(トレード)とは?基本的な考え方とは? 本日のテクニカル分析【2月6日(火)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月6日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れて不成立です。
長期(青)が安値を切り上げて大きく高値を更新してきましたので当然ですね。
基本的に4時間足は上昇ダウに入りました。


ですが、日足レベルでは下げダウを継続しており、日足移動平均線(赤)はまだ下げています。
そのため戻り売りが入りやすい状況であり、昨日解説したように、抵抗線に到達後の下げにつながっています。


そしてその下げは、4時間足移動平均線(青)が上昇していることにより「押し目買い」も入りやすく、荒れやすい相場環境となるわけです。


日足 ⇒ 抵抗線と移動平均線(赤)からの戻り売り
4時間足 ⇒ 下げトレンド終了からの手仕舞いと新規の押し目買い


この両者がぶつかるポイントです。
値動きが荒くなるのは当然であり、こういうことを見極めるのがテクニカル分析です。
設定値やインジケーターの組み合わせでサインを見つけてトレードすることがテクニカル分析だと思っている人が多いですが、ちゃいますよ。
それやってたらいつまでたってもチャートが理解できないままになります。


投資(トレード)ってのは、結局「人」がどのように行動するのか?ってことを見極めることです。
人の行動をチャートを使って分析することがテクニカル分析です。
形やパターンや設定値にとらわれずに、各時間軸で「人」がどのように行動するのか?ってことを、トレードの基礎理論をベースに考えるようにしてください。
それがトレード上達の一番の近道です。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立でしたが下で成立しつつある?
長期(青)は上位足の抵抗線で高値を切り下げ安値を更新。
下げダウです。


4時間足移動平均線(赤)で一度押し目買いが入ってきましたが、その後直近安値を割って、さらに4時間足移動平均線(赤)を大きく下に割ってきました。
下に大きく割ったということは?
今度はその移動平均線(赤)に対して「戻り売り」が入りやすいということです。


ではその戻り売りは本当の戻り売りにつながるのか?って考えます。
日足では戻り売りが入りやすい状況であり、1時間足も高値切り下げ安値更新で下げダウを継続しています。
そのため売り要素しかなく、4時間足移動平均線(赤)に対しての戻しが形成されれば、その後売っていくことが可能となるわけです。


これがトレードをする際の基本的な考え方となります(あくまでも基本です)。


短期(緑)は下げダウ継続でしたが、移動平均線(赤)に対しての押し目買いにより直近高値を一度更新してきました。
ですがすぐに大きく下げてきて、現在は直近安値割れ。
下げダウです。


気を付けなければならないのは、下げているから慌てて売ること。
他のトレーダーが利益を得ている!それに乗り遅れないようにしないと!!
っていう恐怖に支配されないようにしてください。


効率よく、そして安定して、さらには確実に利益にできるところを探す。
テクニカル分析を深く知ると、それが可能になってきます(*^^*)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お手元に。

2つくらい強く納得できる内容に出会いました。
何度も読もうと手元においています。
私はこの本が気になっていたのですが、ようやく入手し、本当によかったと思います。


赤線を引きながら、、

今まで、FXトレードの本を数冊 読みましたが、
こちらの『維新流トレード術』は、大衆心理を利用して利益を上げるという事で、
ここまで、参考になった本は ありませんでした。
チャートを見ながら、今 FXトレードしている方達の心理も読めるように、
赤線を引きながら読ませていただきました。


FX維新流トレード術

海外在住で、日本の家族からこの書籍が届くのを楽しみにしてました。
そして、手元に届いてからは、ワクワクしながら読み進めました。
目からうろこの情報満載で、今は私のバイブルとなってます。
まさに!それは私のこと!?(笑)と思われる指摘がたくさんあり、大変参考になってます。
FXを初めて半年、まだまだ利益を出せてませんが、今後も旦那に反対されながらも、コツコツ続けて行きたいと思います。
この本を無料で提供してくださった事に感謝しています。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/02/06 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

押し目戻り目を待つということ 本日のテクニカル分析【2月5日(月)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月5日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつあります。
長期(青)はわずかに安値を切り上げ、ネックライン(直近高値)を更新したところからいっきに上昇。
そして前回の下げ起点となった安値付近まで戻しました。


ですが、この節目ラインは日足でも認識できるうえに、日足移動平均線(赤)はまだ下げているため、戻り売りが入りやすい状況です。
そのため、下位足次第では少々下げ幅が大きくなる可能性があります。


今後も4時間足移動平均線(青)の波の流れが下げ方向へ向かうのか?というところですが、
戻しとしては非常に大きいため、次に下げてきたとしても、それは日足レベルで認識できる安値切り上げにつながる可能性も高まってきています。


そうなれば日足レベルの買戻しが増え、安定した上昇につながるかもしれません。


ですが現在は、4時間足では上昇ダウですが、日足では下げダウ中であるということ。
値動きに荒れに注意してください。
買うのであれば、少なくとも4時間足で認識できるしっかりとした押し目が必要です。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新、上昇ダウ継続です。


大きく伸びていますが、4時間足~日足レベルで認識できる抵抗線に到達しており、今後も同じように買っていっていいか?となるとリスクが高いと言わざるを得ません。


ですが、しっかりとした押し目をつけたところからであれば、いきなり下げてくるリスクが減りますので、抵抗線越えを狙っていくのもアリかもしれませんね。


ですが、逆に1時間足移動平均線(青)の方向を下げ方向に確定すれば、上昇勢いが強かった分、下げも大きくなる可能性があるので注意が必要です。
つまり買いも売りもある程度のリスクは抱えつつも狙っていくことができそうなところです。


だけど売りの場合はトレンドフォローではなく、さらに上位足のトレンドの起点から獲りにいくわけでもないため、その動きは荒く難しいトレードになりがちです。
いわゆるトレンドフォローを、そのトレンドの根っこから獲りにいく場合とは、まったく異なったトレードであると意識してトレードする姿勢が大切です。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

出会えて良かった。

レビュー遅くなりました。
維新の介さんの書籍に出会えて本当良かったとおもいます。
他のFXの書籍に書いてあるテクニカル分析では、内容が浅く正直使え無いものばかり。
もう、FXは辞めようと思ってましたが、最後に 維新の介さんの書籍にかけました。
その後、今は FXに夢中です。
維新の介さんありがとうございます。


本物でした

今まで、勝てる本、毎日◯円勝てる本、◯年で◯億円にした、◯円からはじめるFX、負けないトレード、他数冊…
みんなそこそこの値段で購入しました。
どの本も 全く違う本のハズなのに内容、手法、よく読めば構成まで同じ。何冊も高い金を出して買った意味がなかった。
古本屋さんに売りにだしたら、10円〜30円だった。
やっぱりその程度の価値なのだろうと諦めた
そして 維新流 「大衆心理を利用して利益を上げる」をネットで発見‼️
パチンコも心理戦で25年負け無しなので 「心理」に惹かれて購入しました
一通り読んでみて、オシレーターの見方、意味、他の本での教えとは全然違うのにビックリしました
本の内容そのままでミスはしながらも プラスになったは初めてです
エントリーポイントも損切りポイントも 何故そのタイミングなのか?納得出来ました
まだまだ、失敗が多いですが、将来が楽しみになりました
この本に出会えて 本当に良かったと思います


どこよりも丁寧で分かり易い

FXに関しては全くの素人だった私が、今ではかなりのことが理解できる上に、少しずつ自身が芽生えて来ています。
無意識的有能に至るにはまだいささか時間が必要です。
しかし、これはもはや毎日の積み重ねであり、維新流を実践していれば必ず到達できるポイントであると確信しています。
私にとって、教材関連の動画を見る場合、信用の基準ともなるのが音声です。製作者の声から伝わる情報がとても重要です。
これまで聞いてきた中では、維新さんの声が一番信頼の置ける声であり、それこそ安心して聞いていられます。
そして、その結果は、動画の内容に違わず正確です。
これまでは、FXの根本が理解できずに二の足を踏んいたものが、今や視野が180°転換した気分です。
維新流に出会えて本当に良かったと感じています。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/02/05 08:28 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

デイトレードを最短で上達させるためのコツ 本日のテクニカル分析【1月31日(水)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月31日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新するも、その安値更新幅はほとんどなく、トレンド終了の気配。


ですが、4時間足~日足レベルでのサポートラインがあるわけではないので、単なる日足レベルの戻しとして、ここから戻り目を築いてさらに下げる可能性も当然あります。


となると、ここ最近の下げトレンドの終了かどうか?ということは、安値を切り上げるまで判断できませんね。
日足レベルでも認識できる4時間足レベルの安値切り上げがあれば、日足でも買いが安定して入ることにより、下位足で獲っていけるだけの値幅を築く可能性が高まります。


短期(緑)は安値をそろえてくるも高値はまだ切り下げ状態。
さらに下げてくる可能性があります。


こういうときにサポートラインの重要性がわかりますね。
サポートがないために、4時間足レベルで下げ止まりっぽくなってきても、日足レベルではまだ売りがズルズルと入ってきます。
そしてそれが相場環境を悪化させ、トレードを難しくします。


ってことで、斜めの優位性(移動平均線やトレンドライン)だけではなく、水平の優位性(高安値&重要な節目水平ライン)も重視し、その両方の目線から考えるようにしてください。


波で獲るのか節目で獲るのか?ではなく、どちらも重要であるということです。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
しばらく停滞しているので方向性がハッキリしませんね。
長期(青)は高値を更新したかと思えば安値も更新、そして高値切り下げ?
困った値動きです(^^;


短期(緑)は高値を切り下げ安値を更新していましたが、直近高値を越えて安値切り上げ?
っていうか、短期の高安値をどこに設定していいのかもわからないくらいゴチャゴチャの相場です。


ただ、1時間足の移動平均線(青)の流れを見ると、まだ流れは下げダウを築いていますので売り目線は重要です。
ですが、ここで移動平均線(青)が上向いてくると、今度は下げ止まりから4時間足移動平均線(赤)の上向き確定に続いてくるため、買いが強くなってくる可能性が高まります。


デイトレードをする場合、1時間足の移動平均線(青)の方向に逆らうとろくなことがありません。
というわけで、この移動平均線の方向がどちらを向くのか?その方向に対して優位性があるのか?つまり安定して伸びるのか?ってことを中心に考えると、デイトレードは簡単になりますよ(*^^*)


デイトレを最短で上達させるためのコツです(*^^*)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

購入後のフォローもすごい

書籍の内容もさることながら、購入後に動画や、メルマガ購読の特典がついていました。
その内容が本当にすばらしくて、びっくりです。

さて、書籍の内容ですが、マインド面でいろいろと感じ取ることができます。
私は、「利確も損切りも一緒です」という言葉がすきです。
読む人によっていろんな気づきを読むごとに与えてくれる本であると思います。


「理にかなえば」 結果はでる書籍

このような数あるFX解説書はすぐに「利益が出る、サイド収入が増える」と期待を持たせた書籍が氾濫(私も20冊ほど)している中、このFXテクニカル分析22の技術はシンプルな内容です。
資金管理・「利益より損切り}を考え収益の+-を判断する。
テクニカルは・移動平均線の上下の方向性、MACDの方向性グランビルの法則を素直に判断して
「理にかなった」処でトライすれば納得の得る結果が生まれるすごく、すごく、シンプルでわかりやすい解説書です。
理にかなえばまちがいなく、あくまでも資金管理が重要です。
ちなみに私は購入60日ほどになりますが、書籍も結果も満足しています。


理論的

FXを始めて日は浅いが、その間色々な関連冊子を目にしてきたが
これ程具体的に記述した書物にお目にかかっていない。
例えば一例として、楽観エリアと悲観エリア等はまさに相場がその様に動いていると感心させられ、
このエリアに絞って売買してもそれなりの収入は見込めると痛感している。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/01/31 08:30 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

裁量トレードの本質とは?実はトレードってこれだけ 本日のテクニカル分析【1月30日(火)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月30日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新して下げダウを継続中。
しかし、その下げ幅を大きく減らしているため、下げトレンド終了の可能性が出てきました。


でもまだ4時間足移動平均線(青)は下げ継続中であるため、戻り売り狙いの勢力とトレンド終了による手仕舞いの買い勢力とがせめぎ合う相場環境となっています。
つまり少々難易度の高いところです。


短期(緑)も同じく下げダウ継続中です・・が、値動きが4時間足移動平均線(青)に絡んできましたね。
これが続くと移動平均線(青)は水平気味になり、それはさらに手仕舞いの買いを加速させることになりますので、移動平均線に絡んできたときの高値越えには気を付けておいてください。


何にしても、現在は戻り売り勢力と手仕舞いの買いの勢力ばぶつかり合う相場となっていますので、今後売っていくにしても買っていくにしても、「どちらに決定」するのか?という節目を見極めたトレード(技術)が必要です。


というか、トレードに必要な技術って実はこれだけなんですね。
よく綱引きに例えられますが、買い勢力と売り勢力の力のバランスがどちらかに崩れる瞬間、これがトレード(エントリー)のタイミングとなります。


そしてそれが上位足につながるようであれば、つまり上位足でも同じ方向に買い(売り)が入りやすい状況であれば、当然よく伸びるし、素直な相場になってきます。
それはつまり、勝率が高くリワードが多く得られやすい相場ということです。


サラッと書きましたが、裁量トレードの本質ですよ(*^^*)



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新で上昇ダウ継続です。
4時間足の移動平均線(赤)が水平になりつつありますが、今後どうなるか・・・


レートが4時間足移動平均線(赤)に支えられてきたら上昇を継続しますし、ここらで戻り売りが強くなれば下げ方向へと崩れることになります。


日足レベルではまだ下げを継続しており、特にサポートするような節目も存在しないため、今後さらに下げを継続する可能性も高く、予断を許しません。


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新していますが、直近安値(緑)がけっこう重要な節目となりそうです。
ここを割ってくると1時間足移動平均線(青)の下げ方向を確定してくることになり、それはつまり4時間足移動平均線(赤)に対しての戻り売りにつながる可能性が高いです。


逆に、ここらで支え切られると、今後4時間足移動平均線(赤)が水平になってくることになり、さらに買いが入りやすくなってきます。


朝から緊張局面です(笑


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他では得られない内容の教本

テクニックというよりも、大衆心理を利用しての方法が書かれてあり、大変参加になりました。
説明は懇切丁寧であり、FXに限らず株などにも応用出来る内容だと思います。


FXで"勝つ"ための教本

まったくのFX初心者の方には理解しにくい内容となっているので、基本を押さえた上で読んで欲しい一冊です。
書いてあることはFXトレーダー向けであり、やや難解な部分もありますが、何度も読み返し、実践していくことでより理解が深まっていきます。
本気でFXに取り組むつもりなら必読ですね。


今までにない切り口

大衆心理という切り口、興味を持って読みました。
解説がわかりやすく、新鮮で、とても実践的だと思いました。
まだ、途中までしか読んでないので、急いで続きを読みます。


本物の書籍

多くの投資家が、テクニカルによって相場から利益を上げようと頑張っている中、その人達の心理、行動を利用して、利益を上げている人の方法について書かれています。
この本を読んでからは、もう他の著書はまったく必要なくなりました。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/01/30 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

相場環境と相場の偏りからトレードを考える方法 本日のテクニカル分析【1月26日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月26日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は一度安値を切り上げましたが、結局高値を切り下げネックライン(直近安値)を割って大きく下げてきました。


日足レベルで見ても下げ止まりになりそうなサポートラインは見当たらないため、この現在の戻しから再度戻り売りが入ってくる可能性がありますので、トレンド終了か?といきなり買いに移行したりせず、しっかりと売りも意識しておいてください。


短期(緑)も直近安値を割って下げダウを継続していますが、小さくみたら下げダウも崩壊しているように見えますので、しばらくは売られづらいかもしれません。
しかし4時間足の移動平均線(青)は下げているため、戻り売り勢力も存在します。


このように、買い側からの見方と売り側からの見方を冷静に判断することによって、現在買いなのか売りなのか、それとも難しいところなのか?がわかります。
これがどちらかに偏りかけているところが、相場環境としてトレードの準備に入るところになります。
そして「偏りが決定」するところがエントリーのタイミングとなるわけです。


慣れたら簡単ですよ(*^^*)


だけど、このように伝えてもこの見方考え方を「継続」する人がほとんどいなんですよね・・・
継続してこそ1つの物事に習熟するものだと思うのですが・・・



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新していましたが、夜中に跳ね上がりましたね。
直近高値更新です。


ここまで下げ幅を少々減らしつつありましたので、ここで直近高値を更新したということは、下げダウ終了ということです。
今後反転上昇してきた1時間足移動平均線(青)に支えられやすくなり、1時間足だけであれば押し目買い狙いとなります。


ですが4時間足移動平均線(赤)は下げているため、もう少し大きな流れで言えば戻り売り狙いが入りやすいところであると言うこともできそうです。


というわけで、長短2本の移動平均線の方向が逆を向いていて、レートがその間にあるとトレードは難しくなるわけです。
そして各期間設定の移動平均線が並ぶ、いわゆるパーフェクトオーダーは伸びやすいわけです。


トレードは形で覚えるのではなく理屈で覚える。
でなければ応用ききませんよ(*^^*)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

頭の整理が出来てきました。

以前、次々と教材を購入し、一生懸命勉強しましたが、様々な方法を学ぶうちに混乱してしまい、勝ことが」出来なくなってしまっていました。
教材に使った金額も私にとっては大変な金額になっており、大損もあり、慎重に教材を選択する状況になっておりましたが、

維新の介さんの教材で頭の整理がつきました。今は
維新の介さんのみの勉強となっております。メールは必ず目を通していますが、仕事もあり週末に集中しての勉強となっています。

少しずつ勝ことが出来るようになってきました。感謝しております。ありがとうございます。


基礎的な事なのかもしれませんが

今まで、我流でトレードして、かなりの損失を出しました。
しかし、この本を読む事により、基礎的な事の大切ささを知り、理にかなったトレードとはどう言う事なのかを知り、今はまず、損切りの回数が減ってきています。
本に書いてある事をしっかり実行すればかなり良い成績を残せるとは思うのですが、我流が悪さをしているのが大きいと思います。
初めから我流に走らず、もっと早くからこの本に出会えば、資金を減らさずに済んだのではないかとくやまれてなりません。


相場の原理原則を知ることが出来る

この本は、普通にある、テクニカルの説明だけでは無く、
何故、『勝ち続けることが出来るのか』何故、『負け続けているのか』を教えてくれる。
相場をシンプルに見る方法、相場の原理原則を知ることが出来る必須本。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/01/26 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

押し目買い戻り売りに対してのアプローチの考え方 本日のテクニカル分析【1月25日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月25日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新、下げダウ継続です。
日足レベルで見ても底というものがなく、どこまで下げるかわからない状態でした。


日足移動平均線(赤)に対して4時間足移動平均線(青)が戻り売り。
その中で長期(青)が高値を切り下げながら4時間足移動平均線(青)に対してグランビルの法則成立。
そして直近安値を割りながらの下げ確定&継続です。


短期(緑)も安値を更新しており下げダウ継続中。
そろそろ一度短期(緑)レベルの安値を形成するか?
大きく戻してくれたら、再度戻り売りで獲りやすくなるんですけどね(*^^*)



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)はほぼ同値で2回高値をつけたのちにネックライン(直近安値)を割って下げダウ継続。


注目すべきは4時間足移動平均線(赤)に対しての1時間足移動平均線(青)の流れです。
いったん下に潜ったのちの反転下落。
グランビルの法則的にもエリオット波動理論的にも最も伸びやすいとされているパターンです。


なんのために移動平均線を表示させているのかを普段から意識しておかないと、こういう部分を見逃します。
移動平均線に限らず、表示させているインジケーターにはちゃんと意味を持たせていること。
しかもそれは値動きを主体とした意味付けでなければいけません。
ほとんどのトレーダーさんは「設定値」に意味を求めてしまっています。
それでは安定して勝てるようになることはありません。


とりあえず、なんのために表示させているのかわかっていないインジケーターは全部外してください。
百害あって一利なしです。
慣れてきたらインジケーターすらいらないです。
値動き見ているだけで十分。
つまり、「値動きのみ」でトレードは可能であり、値動きでトレードをするんです。
もう一度いいますが、設定値でトレードするんじゃないですよ!


さて、本日のトレードですが、特別なことは何もありません。
下げトレンド中なので戻り売り狙いです。
しっかりと移動平均線を反転させてきたら、今度は押し目買い狙いです。
ただそれだけです。


ですが大切なのは、戻り売りに対してどのようにアプローチするのか?ってことです。
5分足レベルの戻しと1時間足レベルの戻しと4時間足レベル戻しは全く別ものですので、異なったスパンの波を獲りにいく必要があります。


にもかかわらず、これまたほとんどのトレーダーさんは「自分のトレード足」で獲りにいこうとします。
特に5分足トレーダーさんはその傾向が強いですね。
なんでもかんでも5分足の小さな波で獲りにいこうとする。
ここに気がつかなければ永遠に勝てないですよ~


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

絶対に学ぶべき

全くの初心者からFXを始めていますが、間違いなくバイブルとなっています。
維新の介さんが言っている事、そしてこの教材に書いてある通りの事が実際に起こります。
教材通りにやらなかった時に限って負けてしまうので、その時に何度も見直して少しづつですが予測ができるようになってきたところです。
絶対おすすめです!!


レビュー

知らないことがたくさんあり、参考になりました。
特に移動平均線や水平線のご説明は今後役に立ちそうな気がしています。


レビュー

株歴50年、一目均衡、篠原レシオ、はじめ100冊以上の株式関連書籍を読みました。
ほとんどのテクニカル分析は経験済み、もちろん長所もありますが短所もあります。
結局本人の使い方次第とも言えますが上手くいく時も、ない時もあります。
その中で維新流トレードは新しい目を開かせてくれました。一読の価値ありの一冊です。


維新流トレード

大衆心理を理解してトレードすることが出来たら利益があがりますよね。
私もずっとそう感じていたので購入しました。
一度読んだくらいでは全然理解出来ないくらい深いですが
何度も読み返して身につけたら鬼に金棒です。おすすめです。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/01/25 08:49 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

押し目戻り目という相場環境 本日のテクニカル分析【1月24日(水)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月24日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立しつつありますが、週足移動平均線(水色)はまだ少し上向きか?
ってことで、下げ止まりの形ができてくると大きく反転上昇する可能性もあるので注意。


長期(青)は高値を切り下げ安値を更新していますが、
前回の日足での認識できる安値付近で現在停滞中です。


日足移動平均線(赤)や週足移動平均線(水色)からは乖離しているため、
デイトレードレベルであれば戻しがきれいな形になればそれなりの値幅は獲れそう。


ですが大きな流れは下げダウであり、長期(青)の流れも下げダウ中。
そして日足(赤)や4時間足(青)の移動平均線が下げている以上、基本は戻り売り狙い。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立。
長期(青)は高値をわずかに切り下げたところから直近安値割れ。
下げダウ継続中です。


短期(緑)も同じく高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続。
日足レベルでも認識できる過去の安値がすぐ近くにありますが、果たして割ってくるかどうか?


日足は戻り売りが入りやすい状況。
4時間足は移動平均線から少々乖離しており、戻しが入るまで待ちたいところ。
1時間足もすでに下げている途中なので、やっぱり戻しが入るまで待ちたい・・・


ってことは?
トレードしやすい相場環境って、結局各時間軸の戻り目(押し目)から?ということになりますね(笑
もちろんそれ以外にもあるのですが、トレーダー(投資家)の目線がそろって注文が集中しやすいということを考えると、1つのトレードチャンスと思っておいてもいいでしょう(*^^*)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この本だけでOK!

全くの初心者でFXの右も左も分からないときに、最初の1冊を色々と探しているとき、広告を見てこの本に出合いました。
「送料だけでプレゼント」的な怪しい広告だと思いつつ購入。
しかし中身がとても分かり易く、かつ「これで簡単に勝てる!」的な安っぽい内容ではない、とても本質的な内容になっています。
YouTubeで維新の介さんの動画がたくさんアップされているので、この本と合わせて勉強させていただいています。


題名のとおり!

トレード歴3年になりますが、相変わらず下手でいろいろ模索している時に出会いました。
基本、順張りで、といっても感覚でやっていて、「買った」「負けた」を繰り返しています。
また、なかなか損切りなど自分で決めたルールが守れず、たまにドカンといってしまいます。
これからは、如何に負けないような取引をするかを念頭にもっと読み込みたいと思います。


私のバイブル

私はこれまで株式関連書籍や情報商材を購入し実践しましたがチャートの本当の意味が理解できていませんでした。
この本に出会って、チャートの基本が学べ、以前に学んだ知識の裏付けや、継続的に通用しない手法等がより分けることができるようになりました。


バイブルの1つになりそうです

トレードの基礎であり、決して飛び越えてはいけない重要な知識が凝縮して詰め込まれてる一冊だと思います。
初級トレーダーなら持っておくと絶対為になると思います。
私の場合は、自分がどれだけ曖昧な知識でトレードしていたのかを、思わず何度も苦笑しながら謝ってしまうほど指摘してくれました...。
この一冊に出会って、トレードに対する自分がガラッと変われてきていると思います。
とても感謝しています。
論理的思考で解説してくれているので、とても納得でき、冷静な判断力もつくと思います。
維新流の介さんのサクサクとした論理的解説が好きになり、さらに深掘りしたトレード関連商品が欲しくなり、ワクワクしながら購入しました。
そちらも気に入っています。
それら含め、この一冊も何度も読み返して消化し、トレード力アップに繋げたいと思います。
本当にありがとうございます。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/01/24 08:45 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

デイトレードの際の日足の相場環境は? 本日のテクニカル分析【1月23日(火)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月23日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立しつつありますが、週足移動平均線(水色)がまだ微妙に上向きなので、安心して長期的に売っていける状況ではありません。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新して下げダウを継続していましたが、ここで安値を切り上げてきました。
下げトレンド終了か?


まだ直近高値を更新しておらず、4時間足で下げトレンドが終了したわけではありませんので注意が必要です。
そして日足移動平均線(赤)は下げているため、戻り売りが入ってもおかしくない状況ですね。


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新したことにより上昇ダウ。
ですが上記の相場環境により、たとえデイトレといえども安心して買っていける状態ではありません。
また、抵抗となりそうな節目が多いことにも注意が必要です。
買いの場合は早めの利益確定等を心がけたほうがよさそうです。


逆に、長期(青)で高値を切り下げながら直近安値(青)を下に割ってきた場合、
日足レベルの戻り売りということで、三角保合い下抜けからの下げというチャートパターンを築いて下げてくる可能性があります。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新。
また、チャート全体で見ても大きく安値を切り上げているため、1時間足だけを見る限り非常に買いの誘惑が強いところ。


もちろんわかりやすく、1時間足でも認識できるような注文の集中ラインがあれば買っていくことは可能なのですが、
4時間足のところでも書きましたように、日足レベルでは戻り売りが入ってもおかしくなく、抵抗となりそうな節目も多く存在しているところです。


というわけで、買いはけっこうリスク高めなんです。


もちろん4時間足チャートでわかるように、日足移動平均線から乖離しているのを埋めてくる動きが入る可能性もあります。
ですが、値動きの荒れや急落等が考えられますので、怪しいと思ったらすぐに手仕舞いが基本です。


基本的に、日足が押しや戻しを築こうとしているとき、その部分でのトレンドに逆らった売買はかなりリスクが高いと心得ておいてください。


デイトレードをする際に気を付ける日足レベルの相場環境は、基本的にはこれくらいです。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

心構えと、実践と。

本の初め3分の一の部分が、自分にとっては大きかったです。
相場と向かい合うにあたって、一般の書籍では書かれていない極めて本質的なことが書かれており、目からウロコが落ちるようでした。
その後のテクニカルの部分は、本を読んだ当初の自分の知識では少々ついていけないところがあり、そこは初心者向きではないのかもしれません。
維新流の入り口として、良書だと思います。


とても良かったです

一回、二回目は蛍光ペンでマーキングしながら、三回と先月に三度読ませて頂きました。
すべてがエッセンスのように思いました。これからも初心を忘れないよう折に触れ見直していけたらと思っています。
また初回に頂いたメールもとても参考になりました。有難うございました。


赤線を引きながら、、

今まで、FXトレードの本を数冊 読みましたが、
こちらの『維新流トレード術』は、大衆心理を利用して利益を上げるという事で、
ここまで、参考になった本は ありませんでした。
チャートを見ながら、今 FXトレードしている方達の心理も読めるように、
赤線を引きながら読ませていただきました。


良書だと思います

維新の介さんのトレード全貌が見れるとだけあって、ダウを意識するトレーダーとしては、必見書籍であるように思います。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/01/23 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)