トレンドフォローはチャート上のここを獲りにいく! 本日のテクニカル分析【2月16日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月16日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値切り下げからの安値更新で下げダウ継続。
日足移動平均線(赤)に対しての大きな戻しから、戻り売りが入っている状態です。
さらに日足~週足レベルで認識できる過去の安値も割ってきているため、下げが止まりません(笑
ただ、過去のブレイクポイントに近づいているため、少々下げづらい状態か?
もちろん過去の「高安値」ではないため、その効力もちょっと弱いと思われますので、あまり信じ切れるラインではないですね。


短期(緑)も同じく高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続中です。
けっこうな下げ幅を築いていますが、現在ちょっと下げが鈍ってきたか?
まだ短期(緑)安値が確定したわけではありませんので、あくまでも可能性の範囲です。
何にしても、下げ「続け」の状態では売ることができず、それなりの戻しがほしいところです。


もし買っていくのであれば、日足や4時間足が下げトレンドを築いている状態に1時間足だけで逆らっていくのは難易度が高くなります。
そのため、やはり最低でも4時間足移動平均線(青)の下げ角度が緩やかになり、そこからさらに水平気味になるまでは待ったほうが無難です。


下げ止まったかも? → だったら買い?


という短絡的なトレードは、たまに当たれば本当の底から買うことができ、値幅も大きく獲れることがありますが、それは「当たった」だけです。根拠のあるトレードとは言えません。
継続して勝ち続けることができなければ資金を安定して増やすことはできず、継続して勝つためにはしっかりとした「根拠」を持ったトレードを繰り返すしかないんです。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新して下げダウ継続中です。
現在は下げ幅を減らしていますが、まだ下げ止まりが確定したわけでもなんでもなく、当然さらに下げてくる可能性がありますので注意が必要です。


短期(緑)は昨夜いったん安値をわずかに切り上げ、そして高値もわずかに更新しました。
下げ止まり?と思われましたが、結局すぐに安値を更新。円買い強いですね。


4時間足のところでも書きましたが、とにかく戻り目を築いてくれないとトレードできない(笑
小さすぎる戻り目だと安定しないので、それなりの大きさの戻しがほしい。


それか、サクッとサポートを築いて上位足レベルで反転してほしい。
利益確定の買い注文の集中に乗りたい(笑


結局獲りにいけるところって、トレンドフォローである以上、上の2つしかないんです。
ここ重要ですよ!


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この本だけでOK!

全くの初心者でFXの右も左も分からないときに、最初の1冊を色々と探しているとき、広告を見てこの本に出合いました。
「送料だけでプレゼント」的な怪しい広告だと思いつつ購入。
しかし中身がとても分かり易く、かつ「これで簡単に勝てる!」的な安っぽい内容ではない、とても本質的な内容になっています。
YouTubeで維新の介さんの動画がたくさんアップされているので、この本と合わせて勉強させていただいています。


題名のとおり!

トレード歴3年になりますが、相変わらず下手でいろいろ模索している時に出会いました。
基本、順張りで、といっても感覚でやっていて、「買った」「負けた」を繰り返しています。
また、なかなか損切りなど自分で決めたルールが守れず、たまにドカンといってしまいます。
これからは、如何に負けないような取引をするかを念頭にもっと読み込みたいと思います。


私のバイブル

私はこれまで株式関連書籍や情報商材を購入し実践しましたがチャートの本当の意味が理解できていませんでした。
この本に出会って、チャートの基本が学べ、以前に学んだ知識の裏付けや、継続的に通用しない手法等がより分けることができるようになりました。


バイブルの1つになりそうです

トレードの基礎であり、決して飛び越えてはいけない重要な知識が凝縮して詰め込まれてる一冊だと思います。
初級トレーダーなら持っておくと絶対為になると思います。
私の場合は、自分がどれだけ曖昧な知識でトレードしていたのかを、思わず何度も苦笑しながら謝ってしまうほど指摘してくれました...。
この一冊に出会って、トレードに対する自分がガラッと変われてきていると思います。
とても感謝しています。
論理的思考で解説してくれているので、とても納得でき、冷静な判断力もつくと思います。
維新流の介さんのサクサクとした論理的解説が好きになり、さらに深掘りしたトレード関連商品が欲しくなり、ワクワクしながら購入しました。
そちらも気に入っています。
それら含め、この一冊も何度も読み返して消化し、トレード力アップに繋げたいと思います。
本当にありがとうございます。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/02/16 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

トレンドの終了か?調整局面か? 本日のテクニカル分析【2月15日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月15日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
下げが止まりません(笑
日足レベルの過去の安値ラインもサポートになることなく割ってきました。
というわけでまだ下げる余地がでてきましたね。


長期(青)は高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続中。
日足の戻り売りからの4時間足下げダウですので、デイトレード的にはよい感じ。
ただ、その戻り売りポイントが上値がおさえられての反転下落ではないため、値動きが荒れて簡単にストップに引っかかるリスクは高いです。


短期(緑)も同じく高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続中です。
ただ、その下げ幅を減らしつつありますので、追いかけるのはやはりリスクが高くなります。
あまり放置せずに、比較的小さな波での早めの手仕舞いのほうがよいかもしれません。


ただ、特に買わなければいけない理由もないため、大きく下げてくる可能性も否めず、勢いがあるときはそれなりの値幅を獲りにいきたいところ。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続中。
ってことで、日足から全部下げダウなので、基本は昨日と同じく売り目線。


ただし、4時間足でも書きましたが、安値更新幅が狭まってきていますので、1時間足移動平均線(青)の上方向確定で多少の手仕舞いの買い注文が入る可能性があります。
だけど優位性はかなり低めなので、ここで買うのは注意が必要です。


対して売りですが、上値がおさえられていないので、明確なストップが決まりにくく、売っていくには難しい相場となっています。
また、1時間足移動平均線(青)は下げ続けており、トレンドが継続すればするほど、利益確定の買い注文が入ってくる可能性は高くなります。


安値更新幅が狭くなる。戻しの値幅が大きくなる。
このような兆候が現れると、下げトレンドの方向(勢い)が急角度からゆるやかに「横方向」に移行してくることになり、その状態で直近高値等を越えてくるとそのままトレンド終了となるわけです。


ですが、それが上位足の下げ方向の中にある場合は、単なる調整局面であることも多く、そのためトレンドの終了でいきなり買っていくのはリスクが高いトレードとなるのです。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

心構えと、実践と。

本の初め3分の一の部分が、自分にとっては大きかったです。
相場と向かい合うにあたって、一般の書籍では書かれていない極めて本質的なことが書かれており、目からウロコが落ちるようでした。
その後のテクニカルの部分は、本を読んだ当初の自分の知識では少々ついていけないところがあり、そこは初心者向きではないのかもしれません。
維新流の入り口として、良書だと思います。


とても良かったです

一回、二回目は蛍光ペンでマーキングしながら、三回と先月に三度読ませて頂きました。
すべてがエッセンスのように思いました。これからも初心を忘れないよう折に触れ見直していけたらと思っています。
また初回に頂いたメールもとても参考になりました。有難うございました。


赤線を引きながら、、

今まで、FXトレードの本を数冊 読みましたが、
こちらの『維新流トレード術』は、大衆心理を利用して利益を上げるという事で、
ここまで、参考になった本は ありませんでした。
チャートを見ながら、今 FXトレードしている方達の心理も読めるように、
赤線を引きながら読ませていただきました。


良書だと思います

維新の介さんのトレード全貌が見れるとだけあって、ダウを意識するトレーダーとしては、必見書籍であるように思います。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/02/15 08:36 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

上位足と下位足との思惑が一致するということ 本日のテクニカル分析【2月14日(水)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月14日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新で下げダウを継続中。


昨日は下げ止まりから上昇してくる可能性と、日足レベルで下げダウを築いている上にサポートが存在しないことから売り圧力が強く、さらに下げてくる可能性について触れていましたが、思った以上に大きく下落しました(^^;


そして、やっと日足レベルの過去のわかりやすいサポートラインとなりそうな付近に到達です。
長期(青)、短期(緑)ともに下げダウを築いているため、当然まだ売りを試してくる可能性がありますが、ここから追いかけるのは飛躍的にリスクが高くなるので注意が必要です。
かと言って、すぐに反発上昇を獲りにいける状況でもないため、今日は意外と難しい相場になるかもしれません。


基本的に上位足(4時間足~日足)に逆らうトレードというのは、例え5分足のデイトレードであってもかなり難易度が高くなるんです。
もし獲りに行きたいのであれば、それ相応の根拠をかならず積み上げるようにしてください。


その根拠ですが、ただ様々な事象を羅列したらよいというわけではなく、また残念ながら、これを覚えればOKというような特定のパターンがあるわけでもありません。
ポイントは、あなたが買ったそのポジションは、逆行することなく上位につながるか?
つまり上位足のトレーダーもそこで買いたくなるかどうか?ってことが非常に重要なんです。


移動平均線が下げていたら買いたくなりません。
抵抗線が存在すれば買いはためらいます。
下げダウを築いていても買いがはいりづらいです。
そして上位足ではどんな相場環境でしょうか?


こういったポイントをしっかりとおさえながらチャートを見る習慣をつけるようにしてください。
反射的に売買しているトレーダーさん、すごく多いです。
考える習慣を身につけなければ上達なんてありえませんよ。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)はいったん安値を切り上げたものの、結局直近高値を更新することなく、上位足方向に売られていくことになりました。
本来の自然な流れですね。


短期(緑)はダブルトップからのネックライン割れ、そして大きく下げたのちに日足レベルの過去の安値付近に到達。
わずかに安値を切り上げ、その後高値更新。
短期(緑)レベルでは下げトレンドは終了です。


もちろん、この後短期(緑)レベルで高値を切り下げてきた場合は、1時間足移動平均線(緑)に対して戻り売りということになり、さらに下げを継続させる可能性もあります。
ですが、日足レベルの安値ラインに到達したこともあり、今後は短期(緑)レベルの安値切り上げからの1時間足移動平均線(青)の上方向に対して手仕舞いの買いが入るシナリオも持っておいたほうがよさそうです。


ただその買いは、4時間足移動平均線(赤)に対しての戻り売りにおされ、順調に上昇しない可能性もありますので注意が必要です。
基本的にトレードとは上位足の方向へのトレードのほうが勝率が良く、リワードも大きいです。
上位足に逆らう場合は、せめて1つ上の足とそのトレードする足との「思惑が一致」する必要があるんです。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FX維新流トレード術

海外在住で、日本の家族からこの書籍が届くのを楽しみにしてました。
そして、手元に届いてからは、ワクワクしながら読み進めました。
目からうろこの情報満載で、今は私のバイブルとなってます。
まさに!それは私のこと!?(笑)と思われる指摘がたくさんあり、大変参考になってます。
FXを初めて半年、まだまだ利益を出せてませんが、今後も旦那に反対されながらも、コツコツ続けて行きたいと思います。
この本を無料で提供してくださった事に感謝しています。


再認識

読んでみると特別な事を書いて有る訳でもなく一般投資家が基本的な事を軽視、若しくは知っているけど理解していない、深く、より深く掘り下げて考察していない90%の投資家が其処には居ると言う事でしょうか。

基本として、ダウ理論、グランビルの法則を使って環境認識をし、移動平均線、各種ライン、MACD等を使いながらトレードするシンプルなロジック本だと思いますです。

要するに、誰でも知っているロジックを深層心理の限界にまで掘り下げ、方法論として無限の組み合わせを相場に合わせたロジックで弛まぬ努力を重ねた結果が此処には書かれていると思いますが、これを理解して相場で生かすとすれば相当読み解く努力がしつようだと思います。


出会えてよかった…

何をやっても全く成果が出ず…
そんな時にこの本に出会いました。
考え方が理にかなっていて、とてもわかりやすかったです。
繰り返し読んで検証をしていくことで凄さがより実感できます。
最近では無駄なエントリーが減り、負けることも少なくなりました。
今はトレーダーズクラブに入り、維新の介さんの解説動画を見ながら日々勉強中です!



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/02/14 09:03 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

日足チャートとデイトレードとの関係 本日のテクニカル分析【2月13日(火)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月13日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは方向感がありませんが、かろうじて下で成立か?
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続中。
日足レベルで見てもわずかではありますが直近安値を更新して下げダウ継続中。


上位足が下げダウ継続している中の4時間足下げダウなので、基本的には売り目線となります。
ですが、なかなか大きく下げて来ないんですよね・・・
ちょっと下げ止まりも視野に入れておいたほうがよさそうです。


日足レベルのチャートで見る限りは、特にサポートになりそうな節目は存在せず、意識されているのは直近安値のみです。
そのため、もっと下げてくる可能性は高いのですが、ここしばらく下げ渋っているため、反転の気配が見えてくると、これまでの下げに対する手仕舞いの買い注文が集中してくるかもしれません。


ですが、下げ止まったから買い!とするには少々リスクが高い相場ですので注意が必要です。
日足レベルが築く移動平均線(20)の波はゆったりと下げダウを築いており、小さな値動きを見ても下げダウを継続中であるため、売り勢力が強い状態です。
下げ止まったかな?と思って買うということは、この大きな流れに逆らうことになるということに十分に留意してください。


短期(緑)は高値を切り下げ安値を更新していましたが、長い下ヒゲをつけて反転。
現在安値を切り上げつつあります。


直近高値(緑)を越えてくれば、長期(青)安値もほぼ確定されてくるため、4時間足レベルでの下げ止まり感が強くなってきます。
そうなってくると今度は4時間足移動平均線(青)も上向きを確定させてくるため、より買われやすい状況となってきますね。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新で下げダウを継続していましたが、ここで安値切り上げつつあります。
まだ確定ではありませんが、4時間足でも認識できる安値切り上げですので、無視できるものではありません。


短期(緑)も同じく、下げダウからの安値切り上げか?という状況。
つまり、4時間足では安値をほとんど更新していない中で、1時間足の長期(青)は安値を切り上げつつあり、短期(緑)も安値を切り上げつつあるという状態です。


正直買いたい(笑
でもリスクも高いのでかなり気を付ける必要がありそうです。
どのように言っても、日足レベルでは売り圧力が強い状況であり、ある程度の値幅を得るトレードをしようと思えば、例えば買いであれば「日足がしっかりとした陽線」を築く必要があるんです。


つまり、デイトレードであっても日足を無視できないのです。
当たり前のことなのですが、日足チャートを見る際についつい忘れてしまいがちです。


日足を見ながら、「ここを越えたら陽線(陰線)として伸びてくるな」ってのが日足で見いだせない場合、デイトレードは比較的難しくなるものと思っておいてください。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すごく解りやすい

ダウ理論やグランビルの法則を学びたいならこの本はかなりおすすめです。
移動平均線の使い方は解りやすく、すぐに頭にはいってきました。読んで損はありません。


トレードの本質に触れた感じです

トレードを始めた頃はインジケーターのサインを極める事がトレードを極める事と考えていました。
また、毎日必ず取引をする事がプロで全ての動きを把握しなければいけないと感じていました。
しかし、相場の動きをトレーダーの心理やダウ理論、グランビルの法則から相場の波をいくつか考えられる方向から消去法で絞り込む事で高確率で利益として行ける事が分かりました。
トレードを学ぶ本質がここにあると思います。
何年も勉強してきて失敗続きですが心理、ダウ、グランビルが基本と思います。


原理原則が理解できる

チャートを見る際に何に注目して、ローソク足の動きから何を感じるかがよく理解できるようになりました。
今まで漠然とチャートを見て、自分勝手に理解してましたが、
インジを何を見るために表示させて何の情報を得ようとしているのかが分かります。
非常に勉強になりますし、トレード技術が格段に上がります。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/02/13 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

トレンドフォローとは下がったから買うこと。だけど・・? 本日のテクニカル分析【2月9日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月9日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつありますが、下げてくると同時にすぐに再度下方向へと成立するような状態です。
長期(青)は一度安値を切り上げ高値を更新してきましたが、下げ継続中の日足移動平均線(赤)に対して戻り売りが入り、現在は高値を切り下げてきています。
しかし現在のレートの下にはサポートライン群が存在し、下げ止まる可能性を考えておく必要がありそうです。


短期(緑)は同じようなところで3回高値をつけて上方向をチャレンジしましたが、結局は上昇しきれず、日足方向へと下げてくることになりました。
下げてくる前のわずかに高値を更新しましたが、結局安値を割ってきて大きく下落中です。


日足移動平均線(赤)に対しての4時間足移動平均線(青)の方向を見る限り、当然と言えば当然の値動き?
でもわずかに高値を更新したことによって、ここで買っていったトレーダーさんもいるかもしれませんね(^^;


間違ってはいませんが、あえてリスクを取って日足に逆らい、その反転上昇を「日足レベル」で保有したいというのであれば、リスクリワード比の観点から攻める価値はあるかと思います。


だけど、日足チャートを見ると日足移動平均線の波は下げダウを築いています。
これが上昇ダウを築いている途中のいったん下げたところから買っていくのであれば、上記の戦略はありかもしれませんが、大きく下げダウを築いている状態であれば、下げの「途中」で買うことになり、強くおすすめできる方法ではありません。


つまり、下がるたびに買い増しというナンピン手法ですからね(^^;



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは微妙な状態です。
長期(青)はほぼ同値で3回高値をつけた状態ですが、昨夜の下げの直前にわずかに高値を更新しています。
ですが、日足(水色)も4時間足(赤)も移動平均線が下げている状態であるため、基本的には売り目線となります。


日足 ⇒ 下げ
4時間足 ⇒ 下げ
1時間足 ⇒ 上げ


という状態ですので、買ったとしても荒れることは目に見えています。


短期(緑)はわずかに高値を切り下げたところから直近安値を割って大きく下げ。
その後戻しが入りますが、現時点(8:39)ではまだ下げています。


ですが、サポートライン群の存在により下げ止まりの可能性もありますね。
売っている方は注意が必要です。
素直に割ってくれればうれしいんですけど(*^^*)


何にしてもここから売っていくのは難易度が高いので、とりあえず戻しがほしいところ。
でもサポートがハッキリしているところでの戻しは、その後の安値切り上げにつながる可能性が高まりますので、放置はしづらいかもしれません。


そしてここで安値を切り上げてくると、日足レベルでのダブルボトムがちょっと見えてくる?
というわけで、昨日よりは買いが入りやすいかもしれません。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

絶賛

今までの本(他の人の本)が正直わかりにくかった!! 何が重要かが特に!
しかもまるっきり使えない手法まであるなか この1冊は別次元
重要な事はシンプルに簡単に書いてます 読み上げた後の月は投資歴1年半年初めて少額ながらプラスになりました

初心者の方は、読まれてデモで練習すると効率がいいと思います


本物

FXを始めたいけど、地道に勉強するのが嫌で、安易に勝てる方法ばかり探していました。
それだとギャンブルと変わらないことに、維新流さんの本や動画で気づかされ、幼稚だったと反省しました。
また、そんな初心者を喰い物にしてる業者も見抜くことができるようになりました。

サインツールやインジケーターを使いこなすうえでも、基礎を学んでおくことはとてもたいせつです。
本物は地味に見えるものですが、いちばん価値があります。
初心者のうちにこの本や動画に出会えてとてもラッキーです。


本質を突いてます

他とは比べ物にならないくらい、トレードで勝つためには必ず知っていなければならないことの本質を突いてます。


根性論ではなく

根性論ではなく
トレードのなぜが書かれています

例えば損切りについて
なぜここで損切りしないといけないのか理解してないから損切りができないでいる

それがかかれている数少ない本です



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/02/09 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)