MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月24日(水)】



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月24日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立しかけているけどまだ不成立
成立していなければ
上昇も急に下げてくることがあるので注意


長期(青)は上昇ダウを築いているが
日足レベルの損益分岐点をちょいと越えただけですぐに戻ってきたので
そろそろ上昇も打ち止めか?


短期(緑)は
高値を切り下げ安値も更新したけれど
その後高値を直近高値と同レベルまで戻してきました


その上値のピンクラインが
短期的に見た損益分岐ラインとなっているので
越えてくるかどうかが、今後上昇継続するかどうかの1つの目安になりますね


もちろん手仕舞いの売りが入って
急に下げてくることもあるので注意


下げてくるとしたら
とりあえずこの上昇途中の押し目の起点となったあたりまでか?



【ユーロ/円】1時間足
FXテクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは不成立
長期(青)は高値切り下げ安値更新
でもちょっと戻って直近高値と同レベルで頭打ち


その高値がそろったところは
けっこう重要なラインですので注意


短期(緑)は安値更新の高値も更新
方向がわかりづらい・・・


4時間足1時間足ともに「勢い」がありませんしね


というわけで
現在(8:37)の相場状況を見ながら今後を考えてみましょう


4時間足は買い方優勢
1時間足は売り方優勢になりつつも
そこに上昇圧力を内包しています


5分足は売り方優勢ですね


ということは?
現在下げつつあるチャートがいったん戻してから再び下げてくる
つまり1時間足の上昇圧力を抜いてから下げてきたら
本格手仕舞い下げになる可能性が高いです


まぁ相場なんで
急に下げてくる可能性も否定できませんけどね(笑)
今回ロングポジを持ってる投資家が怖がりが多ければ
ちょっと下げ気配でいきなり手仕舞いしてくることだってあるわけで(笑)


昨日の下げ起点のブレイクラインを再び下に割ったら
ちょっと注意が必要です


買いは
先ほど書いた上値ピンクラインを越えてこないと
ちょっと怖いかな


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基礎を学ぶ

全くの初心者ですが、この本を読んで相場の仕組みがとてもよくわかった。『短期間で**万円稼げる』といった解説本は多いが、そういったたぐいの理屈がよくわからないものとは違い、なぜ勝てるのか、なぜ負けるのか、自分で理解できるように導いてくれる教材だと思う。
正直、本を読んだだけでは理解できないこともあったが、メルマガなどで解説を配信してくれるので大変ありがたいです。
まるでセミナーに参加しているような感じです。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月24日 水曜日の経済指標】

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

23:00 米) 新築住宅販売件数

Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/09/24 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)