MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月31日(木)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月31日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立ながらも
崩れつつあります


長期(青)は安値切り上げから一気に上昇
これまでの下げの手仕舞いの動きですね


だとすると
ここまで戻ってくるのは予定通り
ちょうどっここらへんが損益分岐点になっていますからね(^^)


4時間は上昇し
日足の下げ「勢い」も収束したので
ここらでちょっと一息


チャネルラインも
安値を切り上げながら抜けたことに注意しておいてください
抜けるときの前兆ですよ


で、きれいな逆三尊を築いて上昇してきたわけですが
さて、今日の戦略が難しい(笑)


反転下落も考えられるし
一息ついて(押し目を作って)さらに上昇することも考えられる


ただ今はけっこう頭を押さえられいるわけですが
抜けたからといってあまり慌ててついていかないほうがいいですね


上抜いてからゆっくり考える(^^)
いつものとおりです



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールも不成立
長期(青)は高値切り下げ安値切り上げで方向感がなかったところ


だけど昨夜の指標で
安値を切り上げ、そして高値を更新してきました


スタート地点としては
昨日かいた上昇の場合の要注意ライン


前半はこのラインをきれいにはさんで上下していました
それがNYに入って
「このラインを下回ることなく反転上昇」したわけです


つまりはリターンムーブの一種ですね
こういうところはかなり強力なエントリーポイントとなりますし
オシレーターの反転でエントリーするにしても
チャート上のこういうポイントを押さえた上でのサインとして使えるようになれば
その精度は飛躍的に向上しますよ(^^)


だからトレードは
あくまでも値動き主体なんです
何年も言い続けていますよね


オシレーター主体にしてたら
勝ち続けるのはちょっと難しいですよ(^^)


さて、では現在(8:35)の相場状況


4時間足は買い方が優勢になりつつありますが
それでもまだ短期的なものです
売り方優勢に転ずる可能性もまだまだありますので
注意が必要です


1時間足は買い方優勢ですね
多少の戻しはあったとしても
買い方優勢には違いありません
戻してきた場合は、137.3~137.33と137.40くらいに注意しておいたほうがいいと思われます


5分足も、もちろん買い方優勢です
でもちょっと弱まってきていますね
短期的な売り方優勢になれば
先ほど書いたラインあたりまで売りが進むかもしれませんので、これも注意が必要


戻すことなく高値越えしたら
これはこれで注意しながらついていくしかないわけですが
一旦戻ってきてレジサポ入れ替わってからのほうが
ダマシにあわないためには無難だとは思います



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月31日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

10:30 日) 6月 毎月勤労統計調査-現金給与総額

14:00 日) 6月 新設住宅着工戸数

18:00 欧) 6月 失業率

18:00 欧) 7月 消費者物価指数


20:30 米) 7月 チャレンジャー人員削減数

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:45 米) 7月 シカゴ購買部協会景気指


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/31 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)