MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月25日(金)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月25日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立
長期(青)は下げダウ中


短期(緑)も下げダウを築いていたんですが
昨日の記事のネックライン(ピンク)を上抜けて跳ね上げましたね


チャネルライン下端にレートが到達していましたので
ある程度の戻しはシナリオ内


ただ日足にはまだ下げ「勢い」がありますので
うーん
このまま順調に上げ続けるということはないと思いますし
シナリオに組み込むべきではないかな?


ただ欧州からNY時間に上昇し続けたということは
何か大きなファンダの力が働いたのかも?


とすると
4時間足レベルで手仕舞いの注文が集中しそうなところでは
さらなる上昇にも注意したほうがいいですね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れてきました
長期(青)はまだ下げダウを築いていますが
その下げ幅は減っていますので
底打ちの可能性があります


短期(緑)はダイバージェンスから
高値を越えていっきに上昇


安値切り上げを経ていないので
大き目の戻し(手仕舞い売り)が入る可能性が高いです
短い方のピンクラインあたり注意が必要ですね


戻してくるとしたら136.75~136.77あたりか
136.88あたりにも注意
下げ止まる可能性があります


もちろん短いピンクライン(5分足レベルサポートライン)を下回ることがなければ
5分足で買い方優勢になればそのまま上昇の可能性が高いです


では現在(8:44)の相場状況


4時間足は売り方優勢
だけど現在ちょっと弱まっている


1時間足は買い方優勢になってきましたね


5分足は現在少々方向感がありませんので
買い方優勢になればそのまま上昇に転ずる可能性が高いです


でも先ほど書いた
5分足レベルのサポートラインを割れば
昨日の上昇の手仕舞い売りが入ってきて
これも先ほど書いたラインあたりまで戻してくる可能性があります


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月25日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 6月 全国消費者物価指数

08:30 日) 7月 東京都区部消費者物価指数


08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

08:50 日) 6月 企業向けサービス価格指数

17:00 欧) 6月 マネーサプライM3

17:30 英) 四半期国内総生産

21:30 米) 6月 耐久財受注


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/25 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)