MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月24日(木)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月24日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウを継続中です


そして短期(緑)
コチラは一度安値を切り上げ、そした高値を更新したところから
高値切り下げを減ることなくいっきに安値割れ


で、ちょっと下げ止まってきたかな?
昨日書いた
日足レベルでの安値付近に近づいてきましたからね


日足は下げ「勢い」はあるけど
ちょっとダラダラ
4時間足の下げ「勢い」は半減してきつつあります


ということはそろそろ戻すか?


とか言いつつ
ずっと下げ続けてるけど(笑)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールはかろうじて下げで成立
長期(青)は下げダウ
でもダイバージェンス発生
下げも弱まってきたかな?


4時間足に引いたチャネルラインの下端ですしね
巡航速度的にはちょっと一息ついてもおかしくない


短期(緑)も下げダウを築いていたけれど
直近高値までレートが上げてきました


ネックライン(ピンクラインの下の方)を上抜いてきたら
底を打ったとみていいかも


そこからは昨日の下げの手仕舞いが入る可能性が高いけれど
136.86あたり
そして近いけど136.89あたり
137のすぐ下あたり
ここらへんのラインにちょっと注意が必要かも


そこを上抜けてきたら
今度はデイトレレベルでは買い目線


では現在(8:39)の相場状況


4時間足は売り方優勢
1時間足も売り方優勢ながら
もうほんのちょっと上昇したらその売り方の優位も崩れる


5分足は買い方優勢ですね
1時間足で売り方優勢を脱却したら
ちょっと買いで様子を見てもいいでしょう


でもその1時間足の売り方の優位が崩れる前に
5分足で売り方優勢になれば
再度そのままショートです


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月24日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 6月 貿易統計

17:00 欧) 7月 製造業購買担当者景気指数

17:00 欧) 7月 サービス部門購買担当者景気指数

17:30 英) 6月 小売売上高指数

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

23:00 米) 6月 新築住宅販売件数

23:15 日) 黒田東彦日銀総裁 発言

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/24 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)