MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月1日(火)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月1日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは微妙なところにありますね
方向がわかりづらい


長期(青)は高値切り下げの安値切り上げ
うん、確かに方向がわかりづらいです(笑)


下げていた4時間足ですが
NYは上げてきましたので「勢い」もありません。(値幅は少しある)


日足に流れや「勢い」が波及したわけでもないので
継続的に一方向というわかりやすい相場でもありません。


今後直近高値を更新してきたのであれば
それは安値切り上げから高値更新・・ということになりますが


そうでなければ
高値切り下げ → 安値切り上げ → 高値切り下げ・・・


方向感がなく、かつどんどん値幅が狭くなるパターンですので気を付けてください。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールはちょうど境目にいますね
レートは日足MA(水色)付近で停滞中


長期(青)は一応まだ安値切り上げはないことになるのですが
短期(緑)が底値付近でしっかりと2回もわかりやすく切り上げてきますので
長期の安値切り上げはもう必要ないかも(^^;)


分類するために長期短期と分けていますが
相場は「わかりやすく」安値の切り上げがあれば
それは底を打ったと判断しますのでね(^^)


短期(緑)はわかりやすく上昇ダウを継続
でも1時間足の上昇「勢い」は半減してきたので
さらなる上昇があるかどうか?はちょっと難しくなりつつあります。


攻めるとしたらリスクを承知でいくか
しっかりと戻すのを待って攻めるかのどちらかにしましょう。


相場の現状(※8:41現在)は
4時間足→買い方売り方に迷いがある(方向感なし)
1時間足→買い方優勢
5分足→買い方優勢ながらも上昇勢いは失われつつある

こんな感じですね(^^)


1時間足5分足はまだ買い方が優勢なので
5分足レベルでわかりやすい分岐点を越えてきたら
さらに上昇する可能性はあります。


ただ4時間足に迷いがあるので
1時間足の買い方優勢とういうのが少々弱いわけで
だったら5分で上昇勢いがついても
ちょっとリスク高いかな・・・



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月1日 火曜日の経済指標】

08:50 日) 4-6月期 日銀短観

10:30 日) 5月 毎月勤労統計調査 現金給与総額

17:00 欧) 6月 製造業購買担当者景気指数

18:00 欧) 5月 失業率

23:00 米) 6月 ISM製造業景況指数

23:00 米) 5月 建設支出


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/01 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)