MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月29日(水 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【1月29日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は昨日けっこうレートは上げてきたけど
やっぱりまだ下げダウ継続


短期(緑)は
高値切り下げなき安値更新だったので
戻しが大きいかも?ということでしたが
めちゃくちゃ大きいやん(笑)


さて、これが下げに転ずることがあるのだろうか?(^^;)


主要上昇トレンドラインは下に割っていて
そしてまだレートは下げチャネルラインの中


ここからリターンムーブの可能性はまだまだ高いですね


もちろん日足チャートレベルでは上昇中なので
このチャネルラインを上抜けてさらなる上昇だって大いにあるわけです。


ただその上昇は
日足MA(赤)が下げているため
急に反転下落のリスクを伴う上昇です。


では下げのリスクは?となると
日足レベルが下げ確定の流れではないため


大きな流れで見た場合
現在の下げの流れは単なる押し目ではないか?ってことです。


だからイマイチ下げきらずに
ダラダラ下降トレンドを築いているわけですね。


というわけで
両方のリスクを把握しつつ
どちらに動いてもついていけるように心の準備が必要で


かつ
レートがどこを越えたらトレードを開始する・・・
ということも決めておいたほうが良いです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は高値切り下げなき安値更新のため
現在大きな戻しの最中


短期(緑)は上昇ダウを築いていますので
目先はロング待ちですが


高値を切り下げ
そして短期上昇トレンドラインを下に割ってきたら
下げ目線へと移したほうがよさそうです。


ただ、1時間足に「勢い」がついていますからね
そう簡単に下げに転ずるかどうか・・・(^^;)


当然のことながら
上昇ダウを築いている以上
デイトレやスキャルピングのレベルであれば
ロングを追いかけるしかないかな。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月29日 水曜日の経済指標】

18:00 欧) 12月 マネーサプライM3

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

28:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC) 終了後政策金利発表

28:00 米) FOMC 長期国債購入額

28:00 米) FOMC MBS購入額



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/01/29 08:47 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)