MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月20日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【1月20日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウですね。


上昇トレンドラインを次々に割ってきていますので
もう上昇は厳しいかな?
最後の砦のトレンドラインも割られそうです


ちなみに
上昇トレンドライン割れというのは
あくまでも上昇トレンドの終了であって
下降トレンドの始まりではありませんからね。


でもここでは
4時間足長期(青)レベルでは下げダウを築いていますので
目先は下げ方向なんです。


どの時間軸のどのトレンドラインを使って相場環境を見て
さらにそれをどのように使って利益を上げていくのか・・・ということについては
FXDD定期無料レポートで今まさに書いていますので
そちらを参考にしてください(^^)


さて、短期(緑)ですが
ここでは上昇トレンドから
高値切り下げを経ることなく安値を割ってきました。


ということは一度上げてくる?
大き目の戻しが入る?


でも少々判断が微妙なところなので
1時間足で見てみましょう。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラはMACDルールは下げで成立していますね。
4時間足における短期(緑)にあたる(※だいたいですよ~)
1時間足の長期(青)は・・・


高値切り下げているように見える(^^;)


ここら辺の判断基準の1つに
ボリンジャーバンドを使用する方法があります。


ここでは長期(青)ボリンジャーバンドが
高値切り下げかな?という部分で一度収束していますよね?


というわけで
いったん20MA(青)のレベルで下げが収束したと考えると
高値をここで切り下げたと判断してもよさそうです(^^)


あれ?
なんか日本語が変な気がするけど伝わったかな(^^;)


1時間足の下げ「勢い」は半減しているけど
4時間足には波及しています。


ということはまだ下げるかな?


4時間足に引ける長期上昇トレンドラインと
現在5分足の安値に引ける短期の上昇トレンドライン(※8:36現在)
この2本を割るかどうかがカギとなるか?


割ってこなければ
上昇ラインに乗ったってことになっちまうんで


でも上昇を獲りにいくには
少々4時間足の下げダウが気になる(*´Д`)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月20日 月曜日の経済指標】

これといった重要指標はない



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/01/20 08:37 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)