パラボリックSAR その① ~売り買いのタイミングがわかる指標~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門


さて今回はですね、

トレンドの方向や転換、エントリーのタイミングを示すインディケーターとして

非常に人気の高い「パラボリックSAR」をご紹介。


パラボリックというのは「放物線状の」という意味で

SAR(Stop And Reverse)によって表される点が放物線を描くため、このように呼ばれています。


ユロドル 日足
パラボリックSAR




<売買サイン>
【1】下降しているラインが上昇しているローソク足とタッチしたポイントが買いサイン
【2】上昇しているラインが下降しているローソク足とタッチしたポイントが売りサイン


パラボリックSAR



こうして見ると、大きなトレンドはつかまえやすそうですね(*^_^*)




パラボリックには、AF値という加速因子がありますが、

通常、0.02からスタートし、0.02ずつ増え

上限を0.2とします。


トレンドが継続し、高値を更新してくるとSARがレートに追いつこうと加速します。

つまり、永遠にトレンドは継続しない・・という前提でこのSARはできており、

その加速度合がAF値です。


FX会社によってはこの数値が違うことがありますが

標準的には、上記の数値設定が使われることが多いようですし

私もこの数値が一番しっくりきます。




パラボリックSARによって考えられるトレード戦略




関連記事