平均足 その② ~相場の勢いやトレンドの転換がわかる~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門


このように平均足は、非常にトレンドを視覚的にとらえやすい分析方法です。

平均足


だけどそれだけじゃなく、

平均足にはいろいろな見方があります。



陽線 ⇒ 上昇トレンドで買い
陽線+上ヒゲ ⇒ 強い買い
陽線+下ヒゲ ⇒ トレンド転換が近い、下ヒゲが長いほど弱気相場

陰線 ⇒ 下降トレンドで 売り
陰線+下ヒゲ ⇒ 強い売り
陰線+上ヒゲ ⇒ トレンド転換が近い、 上ヒゲが長いほど強気相場



他にも、


・実体の長さはトレンドの強さを示す。

・前日の実体より短くなればトレンド転換の兆候

・非常に短い実体(特に十字線)はかなり信頼できるトレンドの転換ポイント

・もみ合い相場では上下にヒゲが現れる



などがあります。


平均足


為替相場というのは24時間動いており、

取引所があるわけではないので、厳密な意味での「終値」というものが存在しません。


そういう意味では、1日の平均値を重視している「平均足」

FXには向いているのかもしれませんね(^^)


個人的には非常に好きで常に表示させています。



関連記事