ローソク足の見方② 陽線と陰線

■陽線と陰線の見方


下の図は1本のローソク足が完成するまでの間の値動きのイメージです。


日足の場合は、

「高値」は、その日につけた最も高い為替レートを表し、

「安値」はその日につけた最も安い為替レートをあらわしてます。


「終値」とは為替市場がクローズした時点のレートです。

といっても為替市場は24時間動いていますので

おおむねNY時間の終了時くらいと考えたらよいでしょう。



陽線
ローソク足 陽線

陽線は始値からスタートし、その後安値をつけます

そこから上昇していき、本日の高値をつけ

その後少し下げて今日の終値・・・


これで1本の陽線のローソク足が完成です。





陰線
ローソク足 陰線

逆に陰線は始値からスタートした後少し下げ、

その後本日の高値をつけますが、徐々に下げてゆき

本日の安値をつけたあと少し戻して終値です。





実体部分が長くヒゲが短ければ、一日勢いよく伸びたことがわかりますし、

実体もヒゲも短ければほとんど値動きがなかったと読み取れます。


このようにローソク足を見ただけで、その日の値動きがてにとるようにわかります。







関連記事
[ 2011/01/04 11:01 ] テクニカル分析(パターン系) ローソク足入門 | TB(-) | CM(-)