MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月1日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月1日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールが上で成立しつつありますね。
長期(青)も安値を切り上げ
高値を試しているところです。


だけどちょっと気になる水平線がありますね?
トレンドラインは越えてきたけど
このラインはどうかな?


越えるには
4時間足の「勢い」がちょっと衰えてきているのが気になるところ


そして先週末の記事でも書きましたように
短期(緑)が
安値を切り上げずに高値更新して
そのまままだ安値の切り上げを作ることなく上昇を続けています


そのため
このラインあたりで反発から大きめの下落につながる可能性もありますね。


関係ない話ですが
チャートの表示を
各時間足の右端だけ見えるようにして
重ねて表示させている人がいるけど
上位足の主要なラインを見落とすことが多いから気を付けて


毎朝必ず全画面表示させて
チャート上の節目の確認はするようにしてください。


でなければ
節目越えで大きく動き始めたときに
ついていけないし、押し目エントリーしていいかどうかの判断も遅れます。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは成立しつつありますが
まだ日足MA(水色)が下げているのが気になるところ
一度下げ戻すか?


そして長期(青)が
安値更新からいっきに高値を更新していますので
ここらへんも下げ戻す可能性を高めていますね。


このまま追いかけるよりは
一度安値を試して
しっかり切り上げを確認してから追いかけたいところ・・・


だけど4時間足の長期で高値を更新しなければ
ダブルトップからの下落~なんてこともあるし


でもその高値を更新してしまえば
今後1時間足でも安値を切り上げやすくなるし


でもその1時間足で安値を切り上げてないことが
レジスタンスラインを越えにくくしているし・・・(笑)


相場は難しいですね(-_-;)


だからこそ
「わかりやすいところ」まで待つ必要があるんです。


とりあえず短期(緑)は上昇ダウを継続していますが
ここらで高値更新を失敗すれば
比較的大きく下げてくる可能性がありますね。


でも上昇ダウを継続したまま
直近高値を越えてくると
そのままレジスタンスラインを越えて
大きく動くきっかけになるかもしれません。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月1日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 4-6月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断

08:50 日) 4-6月期 日銀短観・四半期大企業製造業先行き

08:50 日) 4-6月期 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資


16:30 スイス) 6月 SVME購買部協会景気指数

16:55 独) 6月 製造業購買担当者景気指数

17:00 欧) 6月 製造業購買担当者景気指数

17:30 英) 6月 製造業購買担当者景気指数

17:30 英) 5月 消費者信用残高

17:30 英) 5月 マネーサプライM4

18:00 欧) 6月 消費者物価指数

18:00 欧) 5月 失業率


23:00 米) 5月 建設支出

23:00 米) 6月 ISM製造業景況指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/07/01 08:29 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)