MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月5日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【6月5日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウを築いていますね。


短期(緑)も下げダウ中ですので
待つべきは再度短期の高値切り下げです。


ただ「勢い」に関して言えば
4時間足の下落から日足へとは波及しませんでしたので
このまま反転上昇の可能性もあります。


下位足次第ですので
1時間足を見ていきましょう(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下げで成立しています。
長期(青)は下げダウを築いてはいますが
直近の高値(青)を上抜いてきました。


安値更新からいっきに高値を更新したパターンですね。


このような場合は
再度下を試すために急な下げがあることが多いので注意が必要です。


ただ短期(緑)で言うならば
しっかりと上昇ダウを築いていますので
ここで高値の切り下げが確定しなければ
大きく下げてくることはないかな?


1時間の上昇「勢い」は完全に収束していますので
短期(緑)で再度高値を試すかどうか・・・


とりあえずスキャルにしても
やはり1時間足程度でバンドウォークしているほうが楽ですしね。


しかもそのバンドウォークが
1時間足の切り上げ切り下げ後のバンドウォークであれば
より簡単に獲っていくことができます。


当たり前のことやけど
ちょっと頭に入れておくとよいですよ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【6月5日 水曜日の経済指標】

未 定 英) 英中銀金融政策委員会 1日目

10:30 豪) 1-3月期 四半期国内総生産

16:55 独) 5月 サービス部門購買担当者景気指数

17:00 欧) 5月 サービス部門購買担当者景気指数

17:30 英) 5月 サービス部門購買担当者景気指数

18:00 欧) 1-3月期 四半期域内総生産

18:00 欧) 4月 小売売上高

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:15 米) 5月 ADP雇用統計


21:30 加) 4月 住宅建設許可件数

21:30 米) 1-3月期 四半期非農業部門労働生産性・改定値

23:00 米) 4月 製造業新規受注

23:00 米) 5月 ISM非製造業景況指数

27:00 米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/06/05 08:36 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)