MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月30日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月30日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールの成立が怪しくなってきましたね。
短期MACDがこのまま下げ続けたら崩れそう・・・


長期(青)は高値を切り下げ
そして短期(緑)は高値切り下げ安値更新で下げダウ成立


これで長期(青)が直近安値を割ってきたら
長期レベルでも下げダウが成立するのだけれど
日足(赤)、週足(水色)ともに移動平均線が上げているんで
ちょっと下げしぶってますね。


で、4時間足の下げ「勢い」もなくなってきました。


短期レベル(緑)割ってきたラインも再度上回り
下げ弱いことを示唆しています。


このまま安値切り上げや高値の更新があれば
長期(青)レベルで安値を切り上げることになり
完全に方向感がなくなります。


そうなると
今度は再度直近の高安値(青)を上抜くか下抜くかしないかぎり
値幅のない難しい相場となりそうです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラはMACDルールは不成立ですね。
そして長期(青)は高値を切り下げ、安値を更新
つまり下げダウ成立です。


その中で短期(緑)は
わずかに安値を更新してダイバージェンス
そこからいっきに高値を更新


この安値更新から安値の切り上げを経ることなく
そのまま高値を更新した場合
急な戻しを警戒しなければいけませんが
ここでは安値割れがわずかの値幅でしたので
このような場合は
意外とダウを無視して順調に伸びることも多々あります。


しかしあれですね
移動平均線がめっちゃ集中してきていますね。


日足(水色)と4時間(赤)の方向が逆で
その間に1時間(青)と短期(緑)が入り
1時間(青)と4時間(赤)の方向も逆(笑)


トレードを一番簡単に成功させようと思ったらですね
移動平均線がそろった方向へと
ダウを築いたところでトレードするんです(^^)


ここまでちゃんと待つことができれば
負ける理由はそうないはずですよ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月30日 火曜日の経済指標】

07:45 NZ) 3月 住宅建設許可件数

08:01 英) 4月 GFK消費者信頼感調査

08:30 日) 3月 全世帯家計調査・消費支出

08:30 日) 3月 失業率

08:30 日) 3月 有効求人倍率

08:50 日) 3月 鉱工業生産・速報値

08:50 日) 3月 大型小売店(既存店)販売額

08:50 日) 3月 小売業販売額

10:00 NZ) 4月 NBNZ企業信頼感

14:00 日) 3月 新設住宅着工戸数

15:00 独) 5月 GFK消費者信頼感調査

15:00 独) 3月 小売売上高指数

15:00 独) 3月 小売売上高指数

15:45 仏) 3月 卸売物価指数

15:45 仏) 3月 消費支出

16:55 独) 4月 失業者数

16:55 独) 4月 失業率

17:30 英) 3月 消費者信用残高

17:30 英) 3月 マネーサプライM4

18:00 欧) 4月 消費者物価指数

18:00 欧) 3月 失業率


21:30 加) 2月 月次国内総生産

21:30 加) 3月 鉱工業製品価格

21:30 加) 3月 原料価格指数

22:00 米) 2月 ケース・シラー米住宅価格指数

22:45 米) 4月 シカゴ購買部協会景気指数

23:00 米) 4月 消費者信頼感指数

未 定 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/04/30 07:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)