MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月4日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【2月4日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールはまだ上で成立していますね。

長期ダウ(青)、短期ダウ(黄緑)ともに上昇継続中です。

ですが4時間足、日足、ともにエクスパンションが起きるほどの「勢い」はなく

結局4時間の「勢い」が日足に波及することもありませんでした。

そして短期ダウ(黄緑)でダイバージェンスが発生しているため

上値は少々重い・・と見るべきかもしれません。

あくまでも重いだけであって

トレンドフォローを心掛けるのであれば

まだ絶対にショートポジを取るべきところではありませんね。

チャート上にいくつか引いてある主要ラインを割ってくるまで待ったほうが無難ですし

割る前に高値を切り下げているほうが

当然そのブレイクがダマシで終わる確率は低くなります。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

コチラでもMACDルールは上で成立していますね。

ならば押し目待ちが一番正解の戦略ですよね。

一応先週末の雇用統計発表でも短期ダウで安値を割りませんでしたし

長期ダウももちろん上昇継続中ですので(^^)

不安要素は

やっぱり「勢い」の波及(オレンジ○)がないこと。

とりあえず短期ダウ(黄緑)の安値切り上げ確定まで待ちますかね・・・


そして、もしその後に短期ダウで高値の切り下げを確定したら

今度は主要ライン(ネックライン)を割ってくるまで待ったほうが無難

もしショートポジをとるとしても

トレードは当然1分足レベルとなりますね。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月4日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 1月 マネタリーベース

09:30 豪) 12月 住宅建設許可件数

19:00 欧) 12月 卸売物価指数

24:00 米) 12月 製造業新規受注


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/02/04 08:53 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)