MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月31日(木)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月31日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは上で成立していますね。

長期ダウ(青)、短期ダウ(黄緑)ともに上昇中

4時間に若干「勢い」はついたけど

日足には波及していないか・・・?

となると、このレートがタッチしたボリンジャーバンドの2σラインが少々気になるところ

しかし完全に上昇ダウを築いているので

高値を切り下げない限りは

安易にショートポジションをとるわけにはいかないですよね。

せめて1時間足の短期ダウレベルで高値を切り下げないと

十分な下げの値幅が獲れる可能性が低くなります。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

コチラもMACDルールは成立~

そして短期ダウ(黄緑)、長期ダウ(青)ともに上昇ダウを継続

ショートポジションを持つ理由がないですね(^_^;)

さしあたって当分はロング目線です。

ただし当然5分足~15分足レベルでの高値の切り下げがあれば

若干戻してくる可能性は当然あります。

ですが高値を切り下げる、

もしくは主要ラインを下に割ってくるまでは

やはりそのラインから反発上昇ダウのシナリオを持っておいたほうがいいでしょう。


そして

例え主要ラインを下に割ったとしても

高値の切り下げがない限り

急な戻しがある可能性を常に頭に入れながらトレードするようにしてください。


本日はNY時間に比較的重要な指標発表が多数ひかえている上に

月末であり週末も近くなっています。

手仕舞いの売りの動きにも注意が必要です。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月31日 木曜日の経済指標】

05:00 NZ) ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利

08:50 日) 12月 鉱工業生産・速報値

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

09:01 英) 1月 GFK消費者信頼感調査

09:30 豪) 10-12月期 四半期輸出物価指数

09:30 豪) 10-12月期 四半期輸入物価指数 

10:30 日) 12月 毎月勤労統計調査-現金給与総額

14:00 日) 12月 新設住宅着工戸数

16:45 仏) 12月 卸売物価指数

16:45 仏) 12月 消費支出

17:55 独) 1月 失業者数

17:55 独) 1月 失業率

21:30 米) 12月 チャレンジャー人員削減数

22:00 独) 1月 消費者物価指数

22:30 加) 11月 月次国内総生産(GDP)

22:30 加) 12月 鉱工業製品価格

22:30 加) 12月 原料価格指数

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:30 米) 12月 個人消費支出

22:30 米) 12月 個人所得


23:45 米) 1月 シカゴ購買部協会景気指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/31 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)