MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月22日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月22日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは上で成立していますが、

高値は微妙に切り下げ少々困った相場。

安値は切り上げているので

このままペナント型のパターンに突入か?

どんどん値幅が狭くなって、先細りのやつね(笑)

今後伸びる可能性があるとは言っても

デイトレーダーには少々きつい相場です。


ただ安値の切り上げがまだ確定しておりませんので

このまま直近の安値を下に割っていくことも考えられます。

とりあえず日足に「勢い」は波及しておりませんので

上げが強い可能性はどうしても低くなります。

つまり「陽線」が日足レベルで大きくなる可能性が低いということですね。

日足で大きな陽線をつけにくいということは

当然1時間足レベルで大きく獲れる可能性も低くなるということです。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

MACDルールは不成立。

長期(青)で高値切り下げ

そして現在安値を切り上げるかどうか?というところ。

ここで安値切り上げを確定してしまうと

4時間足でも書いたように、方向感を失くした相場になりやすいわけです。

ただしまだ全体の流れとしては上ですので

安値を切り上げたら上へと伸びる可能性は残されています。


短期(黄緑)は安値を切り上げているのか、判断が難しいですね

レートがごちゃごちゃしています。

このように「わからない」「わかりにくい」ところは

それなりのわかりやすいラインを抜いてくるまでスルーするというのも一つの手ですよ。


とりあえず現在、4時間足にも1時間足にも「勢い」がありませんので

ラインを抜きつつ、そのときに「勢い」があれば

素直に追いかけてみたらいいと思います。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月22日 火曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

13:30 日) 11月 全産業活動指数

14:00 日) 11月 景気先行指数

14:00 日) 11月 景気一致指数

19:00 欧) 1月 ZEW景況感調査

19:00 独) 1月 ZEW景況感調査

22:30 加) 11月 小売売上高

24:00 米) 12月 中古住宅販売件数


24:00 米) 1月 リッチモンド連銀製造業指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/22 08:51 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)