MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【10月15日(月)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月15日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは不成立。

長期ダウ(青)は一応高値更新の安値切り上げなんで上昇ダウ。

だけど長々期(赤)は高値切り下げ。

この時点で大きな流れは少々いやらしいよね(-_-;)

日足レベルではフラッグ作り始めてるよ。。。


ボリンジャーバンドからも

上昇の「勢い」も下落の「勢い」もない。

値幅少ないってことやから注意が必要。

下位足で勝負するか

上位足が「方向」をハッキリさせるまで静観するかしかないな


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

MACDルールは上昇で成立?

それとも下げそうだから不成立?

って感じの微妙なところ。


でも下落ダイバージェンス発生から、短期レベルで高値の切り下げなんで

長期ダウ(青)の再度の安値切り上げから高値を目指す動きに気をつけつつ

目先は下げ。


ただしレートは上位足で「勢い」がない状態での

1時間のMA(青)と4時間のMA(赤)に挟まれたエリアへ・・・

そそらんなぁ~(-_-;)


とりあえず直近の短期安値ラインに注意。

これを下に割り込まなければ

再度上っぽい(笑)動きをしてくる可能性もあるので。


割り込んできたら、とりあえず4時間足のMA(赤)が目安かな?

4時間のストキャス(赤)が上げてるしね。


で、その後1時間のMA(青)あたりまで戻して

1時間の長期(青)レベルの下落があって、本格的な下落に移行

そんなシナリオもあるね(^^)


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月15日 月曜日の経済指標】

08:01 英) 10月 ライトムーブ住宅価格

09:30 豪) 8月 住宅ローン件数

13:30 日) 8月 鉱工業生産・確報値

16:15 スイス) 9月 生産者輸入価格

21:30 米) 10月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

21:30 米) 9月 小売売上高


23:00 米) 8月 企業在庫


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)



関連記事
[ 2012/10/15 08:50 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)