MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【9月24日(月)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【9月24日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析ブログ ユロドル 4時間足

MACDルールはまだ上で成立

長期ダウも上向きですね。

日足レベルではまだ上昇中のちょっとした戻しですからね。

長期でいったん高値を切り下げてくれたら

比較的安心してショートできるんですけど、

しばらく短期ダウに振り回されることになるな・・・


その短期ダウ(黄緑)は下げダウ継続

でも一度ダイバージェンスが発生して

長期が上げ中だし、もうちょっと上げるかな?とも思ったんですが

結局前回の高値を更新することなく

今度はヒドゥン・ダイバージェンス発生。

下げ継続?

でもボリンジャーバンドに下げ「勢い」ないね。

日足で前回注目していたレジスタンスラインくらいまで戻る気か?


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

こちらはMACDルールは不成立。

かといって下げで成立するほど下げモードでもない。

長短ともにダウは下げ継続なんやけど

下げの「勢い」はぜんぜんないね・・・

4時間のストキャス(赤)は上昇してきた

それはつまり

4時間の方向である移動平均線(赤)に対してダイバージェンスってこと

下げ圧力が減ってきたってことね

とりあえず方向も強さも下げである現在、下げ目線で見るしかないわけで

でも下げが弱まってきているってことは

直近の安値ラインを越えるかどうかがすごく重要になってくるわけで

かつ、そのラインまで比較的難しい値動きになることも予想されます。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月24日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨

14:00 シンガポール) 8月 消費者物価指数

17:00 独) 9月 IFO企業景況感指数


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2012/09/24 08:53 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)