MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【8月6日(月)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【8月6日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは不成立。

先日の急な上下の変動が、ダウを少々見づらくしていますね。

あの急激な上げ、

あれを高値と見るのかどうか・・・

ま、オイラの見方では、あの動きはダウとしては無視やけど。。。

オシレーターがついてきとらんもんで。

でも高値のレジスタンスラインとしては、少々意識されると思いますし

上抜けたら、サポートラインとしてある程度意識される可能性はありますので

まるっきりの無視というわけではありません。

とりあえず安値は切り上げたので

大きな目線は上昇です。

でも前回の高値は更新したけど

直近の急変動で築いた高値はまだ更新していないんで

そこを越えることなく、短期足で高値切り下げやダイバージェンスが発生すれば

いきなり下げてくることも十分考えられるので注意が必要。

短期ダウは安値更新からのいきなり高値越えとなるわけなんで

どちらにしろ少し下げ戻して

一度短期で安値の切り上げを見せてくれないと

長期ダウが安値を切り上げたとしても

素直な上昇にはなりにくいかな?

4時間足には、トレンドに逆らっているとはいえ

まだ上げ「勢い」が残っているので注意。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

こちらはMACDルールは上で成立。

長期ダウでは高値切り下げで安値も更新しているんで

素直に上とは言えません。

でも短期ダウで上昇ダウを築いてきましたね。

1時間の「勢い」は半減しているけれど

4時間足にその「勢い」は波及しているんで

短期で一度安値の切り上げを見せたら、再度上昇もありかな?

ただ直近の急変動の高値を越えずに

15分足レベルでダイバージェンス気配がビンビンなんで

一度急落に注意~

1時間のMA(青)を下に越えるくらい(4時間の赤MAくらいまで?)まで戻したら

そこからの短期レベルの上昇ダウで

1時間の上昇(長期ダウ)がほぼ確定してくるね。

勝負はそこからかな?


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月6日 月曜日の経済指標】

14:00 日) 6月 景気一致指数(CI)・速報値

14:00 日) 6月 景気先行指数(CI)・速報値


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2012/08/06 08:25 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)