MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【7月23日(月)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【7月23日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立。

週末は、長期ダウ継続からの下げでしたね。

下げの前兆も非常に簡単でした(^^)

コチラのレポートを手に入れてくれたらよくわかります~

とりあえず前回の安値も更新しているので

まだ軽々しく上を狙える場面ではありません。

ただし、日足の「勢い」が少々減ってきているので、

4時間ストキャス(青)が反転してきたら、下位足ではロングを狙える場面がでてくるかも。

ただ現在は4時間足に下げ「勢い」があるため、

買いはリスク。

下位足で丁寧にダウを見て、そして方向が明確になったのであれば

ある程度値幅を築いているため、

スキャルで少々ロングを狙うことも可。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

こちらもMACDルールは下げで成立。

長期ダウ、短期ダウともに高値を切り下げ、安値も更新で下げダウを築いています。

4時間足には「勢い」があるけれど

1時間足の「勢い」は半減。

レートが短期MA(黄緑)を上回ってくれば、

その対応短期ストキャス(黄緑)が上を向いてきているため、

さらにそこでダイバージェンスが確定するため

下位足(1分足)ではロングも可能となってくる。

ただし上でも書いたようにかなりリスクは高い。

やはり最低でも15分足レベルで安値の切り上げを確認してからのほうが望ましい。

それまでは下げ目線が基本。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月23日 月曜日の経済指標】

10:30 豪) 4-6月期 四半期卸売物価指数

14:00 シンガポール) 6月 消費者物価指数

17:30 香港) 6月 消費者物価指数

23:00 欧) 7月 消費者信頼感


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2012/07/23 09:05 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)