MACDルールで見る本日のテクニカル分析【6月6日(水)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【6月6日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
テクニカル分析ブログ ユロドル 4時間足

MACDルールは下げながら

短期MACDが長期MACDを上回って、

幾分下げの流れが減少してきたように思えます。

ただ、まだ下げダウは継続中。

しかし4時間のMA(青)を下に割り込まなかったことにより、

このままレートが短期MA(黄緑)を上抜けば

目先は上を目指せる形になりそう。

日足のボリンジャーバンドも完全に閉じてきており、

レートが日足ボリバンの-1σ内にはいってきつつあることも大きいかな?

ちょっと下落も一息?


【ユーロ/ドル】1時間足
テクニカル分析 ブログ ユロドル 1時間足

コチラはMACDルールは完全に崩れていますね。

15分足レベルからは上で成立しつつあります。

短期ダウは上向き。

長期ダウは・・・

レートが1時間のMA(青)を上抜いてきたら一応成立だけど

その1時間MA(青)がまだ下向いているので、

まだまだ予断は許しません。

つまり、高値は更新したけれど、安値の切り上げが成立したわけではないということね。

下位足のダウしだいでどちらにでも動く可能性のある相場ですので、

1時間足の前回の高値に十分注意しつつ、

かつ、下位足の高値の切り下げにも注意しつつ、

目先はロング。

でも伸びにくいことも(いったん1時間のMA付近まで戻すことも考慮)しておいたほうがよいでしょうね。


応援クリックよろしくお願いします^^♪

テクニカル分析ブログ


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【6月6日 水曜日の経済指標】

10:30 豪) 1-3月期 四半期国内総生産

18:00 欧) 1-3月期 四半期域内総生産

19:00 独) 4月 鉱工業生産

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

20:45 欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利

21:30 米) 1-3月期 四半期非農業部門労働生産性・改定値

27:00 米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2012/06/06 09:07 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)