MACDルールで見る本日のテクニカル分析【5月8日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。


【5月8日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
テクニカル分析ブログ ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立。

安値は更新したけど

まだ高値は切り下げず・・・

ってことは

もう一度明らかな高値の切り下げがないと、

下にはちょっと行きにくい。

4時間の「勢い」はすでに半減。

でも日足レベルでは高値安値を切り下げたので

大きな流がれは下げ・・・

といいたいところだけど

その日足もこの4時間の高値の切りさげがないと、

ストキャス(赤)のダイバージェンスから方向感のない相場へと突入しそう・・・

短期ストキャス(黄緑)が早いうちに下げてきたら下げ。


【ユーロ/ドル】1時間足
テクニカル分析 ブログ ユロドル 1時間足

こちらもMACDルールは下げで成立。

長期短期ともに下げダウ形成。

ただ1時間のMA(青)が完全に上を向いており

レートも上に位置し、

対応ストキャス(青)も上向きで一致。

短期ストキャス(黄緑)は下を向いているけど

少なくともレートがその対応MA(黄緑)を下回ってこなければ

下げには転じない。

15分足レベルで完全に上向きの圧力が抜けるまでは

ショートエントリーは難しい相場。

その15分足レベルで高値の切り下げと安値の更新があれば

1時間MAを下回ればショート。

現在レンジ気味の15分足の高値を上抜いてくればロング

だけどその場合、4時間のMA(赤)が上をおさえているので

急な戻しに注意。

つまり非常に難しい相場になる可能性が高いですね。


明日はひょっとしたら更新はお休み、もしくは更新時間が遅れる可能性があります(^^)


応援クリックよろしくお願いします^^♪

テクニカル分析ブログ


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月8日 火曜日の経済指標】

08:01 英) 4月 英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数

10:30 豪) 3月 貿易収支

14:45 スイス) 4月 スイスSECO消費者信頼感指数

19:00 独) 3月 鉱工業生産

21:15 加) 4月 住宅着工件数


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2012/05/08 08:54 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)