MACDルールで見る本日のテクニカル分析【5月2日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。


【5月2日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
テクニカル分析 ブログ ユロドル4時間足

MACDルールは上で成立ながら

短期MACDが下げてきており

長期ダウもダイバージェンスを繰り返し

短期ダウは一度安値を更新し、

上昇への「勢い」は全くなく、

4時間のMA(青)も平行になりつつある状態。

ってことは?

短期ダウがこの後高値を切り下げたらとりあえずちょっと下げ

長期ダウが高値を切り下げたらもっと下げ

ってことになる。

でもまだ週足(水色)と日足(赤)のMAの上にレートは位置し

さらに対応ストキャスも両者上向きなんで

それよりも下への下げは期待できないかな?


【ユーロ/ドル】1時間足
テクニカル分析ブログ ユロドル 1時間足

こちらはMACDルールは崩れてきています。

長期ダウが安値を切り下げ

このあと短期ダウがどうなるか・・・?

ってところですね。

この後レートが短期ストキャス(黄緑)の反転下落をともないながら

短期MA(黄緑)を下に割り込んできたら

短期レベルで下げダウ開始。

4時間ストキャス(赤)が下げているため

4時間のMA(赤)を割り込むとともに下落に転じるかな?

しかしあくまでも「どこかの損切り」を巻き込んでの下げではなく

上値が重いための売り決済注文が増えてくる・・・だけの下げなんで

安値を割るまでは急激な下げにはなりにくい可能性もあります。

1時間のストキャス(青)が若干反転上昇の気配を見せているので

レートが1時間MA(青)を上回ることがあれば

再度高値を試すこともあるかもしれませんが、

高値を更新するまでにはいたらないと思います。


応援クリックよろしくお願いします^^♪

テクニカル分析ブログ


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月2日 水曜日の経済指標】

08:50  日) 4月 マネタリーベース

10:30  日) 3月 毎月勤労統計調査-現金給与総額

16:15  スイス) 3月 実質小売売上高

16:30  スイス) 4月 SVME購買部協会景気指数

16:55  独) 4月 失業者数

16:55  独) 4月 失業率

17:00  欧) 4月 製造業購買担当者景気指数

17:30  英) 3月 消費者信用残高

17:30  英) 3月 マネーサプライM4

18:00  欧) 3月 失業率

20:00  米) MBA住宅ローン申請指数

21:15  米) 4月 ADP雇用統計

23:00  米) 3月 製造業新規受注


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2012/05/02 09:23 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)