MACDルールで見る本日のテクニカル分析【4月30日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。


【4月30日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
テクニカル分析ブログ ユロドル 4時間足

MACDルールはほぼ成立。

長期ダウでダイバージェンス後、少し下げたけど

結局高値更新して上昇ダウ継続。

でも短期ダウでダイバージェンスが・・・?

というところ。

でもレートが短期のMA(黄緑)を割ってきたわけではないし

そのダイバージェンスも確定ではない。

ただ、日足も4時間足もともに「勢い」がなく、

上値が少々重いのは否めないかな?


【ユーロ/ドル】1時間足
テクニカル分析 ブログ 予想 ユロドル 1時間足

こちらは一応MACDルール成立も

日足のMA(水色)が下げているため完全成立にはならず、

やはり上昇にはつながりにくい形。

再度上昇に転ずるには

安値切り下げ、高値更新した短期ダウが明確な上昇ダウを築く、

つまりいったん明確な安値の切り上げがほしいところ。

もしこのままレートが1時間のMA(青)を下に割り込んでくれば

短期MACDがダイバージェンス確定。

下げ確率が高まってきますね。

4時間ストキャス(赤)が下げている

つまり上位足に上昇の力がない状態で

1時間のストキャスと1時間のMA(青)が下向きで一致・・・というのも

下げの要因を満たしてきます。

とりあえず15分足以下の目先の圧力は下。

1時間のMA(青)の上下どちらにあるか?

が重要な日になりそうです。


応援クリックよろしくお願いします^^♪

テクニカル分析ブログ


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月30日 月曜日の経済指標】

07:45 NZ) 3月 住宅建設許可件数

07:45 NZ) 3月 貿易収支

10:00 NZ) 4月 NBNZ企業信頼感

11:00 シンガポール) 1-3月期 四半期失業率

17:00 欧) 3月 マネーサプライM3

18:00 欧) 4月 消費者物価指数

21:30 加) 2月 月次国内総生産

21:30 加) 3月 鉱工業製品価格

21:30 加) 3月 原料価格指数

21:30 米) 3月 個人所得

21:30 米) 3月 個人消費支出



本日の要人発言他:



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2012/04/30 09:06 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)