MACDルールで見る本日のテクニカル分析【3月27日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。


【3月27日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
テクニカル分析ブログ ユロドル 4時間足

MACDルールは上で成立。

4時間のボリンジャーバンドにもまだ「勢い」が残っており。

また高値を更新してきたため、

短期長期ともに上昇ダウを形成しました。

さしあたって、全体の流れで上昇を否定するものはありませんね。


【ユーロ/ドル】1時間足
テクニカル分析ブログ ユロドル 1時間足

コチラもMACDルールが上で成立。

1時間から4時間へと「勢い」が波及。

だけど1時間足の「勢い」が半減しましたね。

この4時間への勢いの波及中の、1時間の勢いの半減時には

比較的大きく戻すことが多いので

短期足でトレードする場合は注意が必要です。

つまり上位足の「押し目」ってことね(^^)

で大きく押し目が入るかどうか・・・?

長期で見るとダウは上昇を形成していますが

短期で見る限りは意外に方向が不安定。

高値は更新したものの

安値は???

って感じ。

だから一度ハッキリと戻してきて(下げてきて)

短期でわかりやすい上昇ダウを築いたほうが

今後伸びやすくなるかもしれません。

1時間の短期ストキャス(黄緑)の下向きとともに

レートが1時間の短期MA(黄緑)を下抜いてきたら

大き目の戻しを気を付けて。

15分足レベルでは下げダイバーをオシレーター系が築いているからね(^^)

でもまぁ

上位足の流れが上の状態で

1時間足のMA(青)が上向いてるんやから

基本の攻めはロングかな。


応援クリックよろしくお願いします^^♪

テクニカル分析ブログ


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月27日 火曜日の経済指標】

08:50 日) 2月 企業向けサービス価格指数

15:00 独) 4月 GFK消費者信頼感調査

15:00 独) 2月 輸入物価指数

15:45 仏) 3月 消費者信頼感指数

22:00 米) 1月 ケース・シラー米住宅価格指数

23:00 米) 3月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)

23:00 米) 3月 リッチモンド連銀製造業指数


本日の要人発言他:

・25:45 米)バーナンキFRB議長の発言


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2012/03/27 09:18 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)