MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月14日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月14日(月)のテクニカル分析】

ユロドル 4時間足

テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールはまだ下げで成立している。

日足週足ともに「勢い」はない。

4時間足の方向と心理は上で一致しているが

日足は両者とも下げている。

そのため日足のMA(赤)を上抜いて伸びてくるには若干勢力が足りないか?


1時間足
 ↓
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

MACDルールは成立せず。

またレートは現在日足(水色)と4時間足(赤)に挟まれ嫌なところ。

1時間足の「勢い」は半減しており、4時間足には上抜くだけの勢いは存在していない。

だが1時間足4時間足ともに方向と心理は上で一致しており、

15分足レベルではまだ上向きでMACDルールが成立しているため

この状態が崩れるまでは日足MA(水色)の上抜きの可能性も否定できない。

その上抜きがなく、15分足のMAを下抜いてくれば比較的大きな戻しとなりしばらくレンジ気味に推移。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

「日本の介入は為替市場の無秩序な変動を回避するために行なわれたもので

G7声明に沿ったものと認識している。為替介入では協調行動が最も効果的である。

円相場が、過小評価か過大評価かはコメントしない」

安住財務相との会談でラがる度IMF専務理事が述べたことである。

これにより政府・日銀による円売り介入の可能性が高まった。

また野田総理によるTPP参加協議の表明により、米国からも介入を黙認されると思われる。

TPP参加のためには輸出力強化のため円安であることが重要であるため

今後も介入の可能性は高い。

APEC首脳会議においては、欧州危機についても話し合われた模様だが、

具体的な支援策については議論されていないとのこと。

イタリアでは新首相が指名され、早ければ今週中にでも新政権が発足する可能性がある。


買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月14日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 7-9月期 四半期実質国内総生産

19:00 欧) 9月 鉱工業生産

本日の要人発言他:



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/11/14 08:25 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)