MACDルールで見る本日のテクニカル分析【10月17日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【10月17日(月)のテクニカル分析】

ユロドル 4時間足

テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは成立していない。

この上昇で、日足でもMACDルールは崩れている。

細かく見ると順調に安値を切り上げ、高値を更新し続けているため

このまま上昇が続くかに見えるが、

日足のボリンジャーバンドの2σにレートが到達し、

今のところバンドが開く気配がない。

また4時間足のボリンジャーバンドにも勢いが欠けているため、

ここらで少しばかり大きめの戻しが入る可能性がある。

だが、現状ではショートポジションをとる要因はない。


1時間足
 ↓
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

MACDルールは上で成立。

確定したわけではないが、

高値を更新した時点で、現在の短期MACDの位置はダイバージェンスを起こしている。

4時間足のバンドは閉じており、勢いは感じられない。

1時間足のバンドも下が閉じており、勢いは半減。

このまま先週末の高値を更新しないようであれば、ある程度の反転下落が考えられる。

早めのタイミングで高値を更新した場合は買い継続。

短期MACDや1時間ストキャス(青)の反転下落とともに

1時間のMA(青)を下抜いてきた場合は短期足で売り。



□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

先週末に行われた20カ国・地域(G-20)財務相・中央銀行総裁会議では、

中国がユーロ圏に対する金融支援を確約との報道。

今週採決される予定の米国においての「対中為替制裁法案」については否決される見通し。

万が一可決の場合は

中国による米国債売り → ドル売り要因

中国による欧州金融安定化基金(EFSF)債の購入が加速 → ユーロ買い要因

となる。

日本政府もEFSFに関しては、追加購入を表明している → ユーロ買い 円売り要因


買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・ドイツ議会によるEFSF採択
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるユーロ買い・円売り介入
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月17日 月曜日の経済指標】

21:30 米) 10月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

22:15 米) 9月 鉱工業生産

22:15 米) 9月 設備稼働率

要人発言:
・エバンス米シカゴ連銀総裁が講演予定


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/10/17 08:32 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)