日足チャートとデイトレードとの関係 本日のテクニカル分析【2月13日(火)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月13日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは方向感がありませんが、かろうじて下で成立か?
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続中。
日足レベルで見てもわずかではありますが直近安値を更新して下げダウ継続中。


上位足が下げダウ継続している中の4時間足下げダウなので、基本的には売り目線となります。
ですが、なかなか大きく下げて来ないんですよね・・・
ちょっと下げ止まりも視野に入れておいたほうがよさそうです。


日足レベルのチャートで見る限りは、特にサポートになりそうな節目は存在せず、意識されているのは直近安値のみです。
そのため、もっと下げてくる可能性は高いのですが、ここしばらく下げ渋っているため、反転の気配が見えてくると、これまでの下げに対する手仕舞いの買い注文が集中してくるかもしれません。


ですが、下げ止まったから買い!とするには少々リスクが高い相場ですので注意が必要です。
日足レベルが築く移動平均線(20)の波はゆったりと下げダウを築いており、小さな値動きを見ても下げダウを継続中であるため、売り勢力が強い状態です。
下げ止まったかな?と思って買うということは、この大きな流れに逆らうことになるということに十分に留意してください。


短期(緑)は高値を切り下げ安値を更新していましたが、長い下ヒゲをつけて反転。
現在安値を切り上げつつあります。


直近高値(緑)を越えてくれば、長期(青)安値もほぼ確定されてくるため、4時間足レベルでの下げ止まり感が強くなってきます。
そうなってくると今度は4時間足移動平均線(青)も上向きを確定させてくるため、より買われやすい状況となってきますね。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立です。
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新で下げダウを継続していましたが、ここで安値切り上げつつあります。
まだ確定ではありませんが、4時間足でも認識できる安値切り上げですので、無視できるものではありません。


短期(緑)も同じく、下げダウからの安値切り上げか?という状況。
つまり、4時間足では安値をほとんど更新していない中で、1時間足の長期(青)は安値を切り上げつつあり、短期(緑)も安値を切り上げつつあるという状態です。


正直買いたい(笑
でもリスクも高いのでかなり気を付ける必要がありそうです。
どのように言っても、日足レベルでは売り圧力が強い状況であり、ある程度の値幅を得るトレードをしようと思えば、例えば買いであれば「日足がしっかりとした陽線」を築く必要があるんです。


つまり、デイトレードであっても日足を無視できないのです。
当たり前のことなのですが、日足チャートを見る際についつい忘れてしまいがちです。


日足を見ながら、「ここを越えたら陽線(陰線)として伸びてくるな」ってのが日足で見いだせない場合、デイトレードは比較的難しくなるものと思っておいてください。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すごく解りやすい

ダウ理論やグランビルの法則を学びたいならこの本はかなりおすすめです。
移動平均線の使い方は解りやすく、すぐに頭にはいってきました。読んで損はありません。


トレードの本質に触れた感じです

トレードを始めた頃はインジケーターのサインを極める事がトレードを極める事と考えていました。
また、毎日必ず取引をする事がプロで全ての動きを把握しなければいけないと感じていました。
しかし、相場の動きをトレーダーの心理やダウ理論、グランビルの法則から相場の波をいくつか考えられる方向から消去法で絞り込む事で高確率で利益として行ける事が分かりました。
トレードを学ぶ本質がここにあると思います。
何年も勉強してきて失敗続きですが心理、ダウ、グランビルが基本と思います。


原理原則が理解できる

チャートを見る際に何に注目して、ローソク足の動きから何を感じるかがよく理解できるようになりました。
今まで漠然とチャートを見て、自分勝手に理解してましたが、
インジを何を見るために表示させて何の情報を得ようとしているのかが分かります。
非常に勉強になりますし、トレード技術が格段に上がります。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/02/13 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)