トレンドフォローとは下がったから買うこと。だけど・・? 本日のテクニカル分析【2月9日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月9日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつありますが、下げてくると同時にすぐに再度下方向へと成立するような状態です。
長期(青)は一度安値を切り上げ高値を更新してきましたが、下げ継続中の日足移動平均線(赤)に対して戻り売りが入り、現在は高値を切り下げてきています。
しかし現在のレートの下にはサポートライン群が存在し、下げ止まる可能性を考えておく必要がありそうです。


短期(緑)は同じようなところで3回高値をつけて上方向をチャレンジしましたが、結局は上昇しきれず、日足方向へと下げてくることになりました。
下げてくる前のわずかに高値を更新しましたが、結局安値を割ってきて大きく下落中です。


日足移動平均線(赤)に対しての4時間足移動平均線(青)の方向を見る限り、当然と言えば当然の値動き?
でもわずかに高値を更新したことによって、ここで買っていったトレーダーさんもいるかもしれませんね(^^;


間違ってはいませんが、あえてリスクを取って日足に逆らい、その反転上昇を「日足レベル」で保有したいというのであれば、リスクリワード比の観点から攻める価値はあるかと思います。


だけど、日足チャートを見ると日足移動平均線の波は下げダウを築いています。
これが上昇ダウを築いている途中のいったん下げたところから買っていくのであれば、上記の戦略はありかもしれませんが、大きく下げダウを築いている状態であれば、下げの「途中」で買うことになり、強くおすすめできる方法ではありません。


つまり、下がるたびに買い増しというナンピン手法ですからね(^^;



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは微妙な状態です。
長期(青)はほぼ同値で3回高値をつけた状態ですが、昨夜の下げの直前にわずかに高値を更新しています。
ですが、日足(水色)も4時間足(赤)も移動平均線が下げている状態であるため、基本的には売り目線となります。


日足 ⇒ 下げ
4時間足 ⇒ 下げ
1時間足 ⇒ 上げ


という状態ですので、買ったとしても荒れることは目に見えています。


短期(緑)はわずかに高値を切り下げたところから直近安値を割って大きく下げ。
その後戻しが入りますが、現時点(8:39)ではまだ下げています。


ですが、サポートライン群の存在により下げ止まりの可能性もありますね。
売っている方は注意が必要です。
素直に割ってくれればうれしいんですけど(*^^*)


何にしてもここから売っていくのは難易度が高いので、とりあえず戻しがほしいところ。
でもサポートがハッキリしているところでの戻しは、その後の安値切り上げにつながる可能性が高まりますので、放置はしづらいかもしれません。


そしてここで安値を切り上げてくると、日足レベルでのダブルボトムがちょっと見えてくる?
というわけで、昨日よりは買いが入りやすいかもしれません。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

絶賛

今までの本(他の人の本)が正直わかりにくかった!! 何が重要かが特に!
しかもまるっきり使えない手法まであるなか この1冊は別次元
重要な事はシンプルに簡単に書いてます 読み上げた後の月は投資歴1年半年初めて少額ながらプラスになりました

初心者の方は、読まれてデモで練習すると効率がいいと思います


本物

FXを始めたいけど、地道に勉強するのが嫌で、安易に勝てる方法ばかり探していました。
それだとギャンブルと変わらないことに、維新流さんの本や動画で気づかされ、幼稚だったと反省しました。
また、そんな初心者を喰い物にしてる業者も見抜くことができるようになりました。

サインツールやインジケーターを使いこなすうえでも、基礎を学んでおくことはとてもたいせつです。
本物は地味に見えるものですが、いちばん価値があります。
初心者のうちにこの本や動画に出会えてとてもラッキーです。


本質を突いてます

他とは比べ物にならないくらい、トレードで勝つためには必ず知っていなければならないことの本質を突いてます。


根性論ではなく

根性論ではなく
トレードのなぜが書かれています

例えば損切りについて
なぜここで損切りしないといけないのか理解してないから損切りができないでいる

それがかかれている数少ない本です



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/02/09 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)