移動平均線の方向を考えながらトレードシナリオを描く 本日のテクニカル分析【2月8日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月8日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつあります。
長期(青)はわずかに安値を切り上げたところから大きく高値を更新しましたが、4時間足~日足レベルの抵抗線からの反発売りと日足移動平均線(赤)に対しての戻り売りが入り、いったん大きく下落。


その後前回の安値を割ることなく、再度反転上昇。しかし日足の方向の壁は厚いのか、4時間足移動平均線(青)の方向を上向けるまでに至らず。


短期(緑)は長期(青)の前回の安値を割ら前に安値を切り上げ。
パターン的には日足の下げ止まり感が出て買いが入りやすいところ。


ですが、下げ方向の日足移動平均線(赤)に対しての戻り売りと、やはり同じく下げ方向の4時間足移動平均線(青)に対しての戻り売りが入り、まだ一方的に買われる局面ではありません。
短期(緑)的に高値をそろえてきているので、ここを越えてくると4時間足移動平均線(青)の上方向を確定させてくるかも?
日足で下げ止まりの認識をされていれば、買いが入ってくる可能性が高いです。


ですが、ここで高値をそろえて越えることができずに反転下落してきた場合、結局上位足の方向にダブルトップからの下落を誘発する形を築いただけということにもなりかねません。
というわけで、当然売りシナリオも必要となります。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
長期(青)は下げダウだったところから安値を切り上げるも、日足(水色)と4時間足(赤)の下げ方向に阻まれ、直近高値を更新しきれていません。


短期(緑)は一度直近安値を割るも大きく上昇し、安値も切り上げつつありますが、逆にこの安値は、割ってくると上位足方向への1時間足移動平均線(青)の下げ方向を確定させかねない安値となっています。


だけど4時間足~日足で下げ止まり感がある中、売っていくよりも買いの形になってほしいのが正直なところ(笑


長期(青)の高値を越えてくると4時間足の方向が、短期(緑)の安値を割ってくると1時間足の方向が確定してきて、それなりに優位性がある形となっていますので、現時点の形であればトレードシナリオは難しくありませんね(*^^*)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

分かりやすい

手法関連の書籍は何冊も読みましたが、最も腑に落ちる、説得力のある内容でした。
後は、実践して身につけて、資産を増やす事ができれば…成功です。
頑張ります


素晴らしい

とっても素晴らしい内容です
基本的な内容ですが、これだけの知識が自分の中にきちんと収まるまで何度も反復して読めば読むほどにその都度発見があり、成果も出ています
これだけのものがこんなに簡単に安く手に入れられていいの⁉️という気持ちになります
ありがとうございます
これからもいつも読み返していきます


とても良い

これまで株をメインにやってきて、3倍近くまで利益を伸ばして以降、徐々に負けが目立つようになってきました。
これまで何冊かの書籍を読んできましたが、とてもわかりやすく解説されていて実践的です。
ここからの再起を支えてくれる良書だと感じています。


必ず手に取るべき書

投資歴はそこそこあり、大きく利益あげていた事もあったのですが、近年大負けをし、資産の大半を失いました。
プロと言われる機関投資家から情報を得て、トレードをしていたのですが、
相場に絶対はなく、相場の逆行に対応することができませんでした。
だからこそテクニカル分析がとても重要だということ。
ネットでたまたま発見した維新の介先生の書を疑心暗鬼で始めてみましたが、目から鱗でした。
投資は情報が全てだと思っていましたが、技術なんだど。
この書籍は理論明晰で投資技術を磨くバイブルになるだと思います。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2018/02/08 08:37 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)