移動平均線は裏切らない 本日のテクニカル分析【9月7日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【9月7日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立?下で成立?微妙なところです
長期(青)は高値を更新後
安値を切り上げつつありますので
この後上昇転換か?


短期(緑)は下げダウを築いていますので
4時間足の移動平均線(青)に対して戻り売り勢力が入ってくる可能性があります


また過去の安値ラインでもあるため
反転しやすいポイントまで上昇してきており
買っていくには少々難しいところ


ですが
長期(青)の安値が切り上がっていることや
その前の高値を更新していること等を考えると
戻り売りも弱まる可能性がありますね


ここらへんのバランスは
ダウと移動平均線で考えるのがいいわけですが
各時間軸でのトレーダーがどのように考えているのか?行動しようとしているのか?
ってこともあわせて自分の中でイメージする習慣をつけておくようにしてください。


継続することでかなりの力になります


その際の注意点として
トレーダーとは
「損失を嫌い利益を追いかける生き物である」
という前提で考えてください(笑



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立していましたが
崩れつつあるようです


長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウを築いていますが
4時間足レベルでの安値切り上げポイントで大きく上昇


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新
上昇ダウですが


4時間足の移動平均線(赤)は下げてきており
抵抗線の存在もあって戻り売りされやすいポイントでもあります


短期(緑)レベルで下げトレンド転換してきた場合
4時間足での戻り売りとみなされ下げてくる可能性があります


しかし現在は
1時間足の移動平均線(青)は上昇中であり
4時間足の移動平均線(赤)は下降中


方向感の乏しい相場に突入する可能性ありですね


ここでしばらく保合いながら4時間足の移動平均線(赤)が水平気味になってきたら
今度は戻り売りではなく
さらに上昇していく可能性もでてきます


移動平均線の方向に対して丁寧に考えてやれば
トレードはホント簡単になりますよ


昔知り合いのトレーダーが言ってました


「移動平均線は裏切らない」と・・・


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大衆心理を知る事が一番大切☆

聖杯探しをしていた頃は、テクニカルに溺れ、逆に何が何だか分からなくなり、正直トレードできなくなりました。
「大衆心理を知る事」て、どの本を読んでも書いていません。読んでみて直ぐに腑に落ちました。
一番の勝利の近道だと思います。また、基本を大切にシンプルなトレードが勝利に繋がるはずです。
基本を忘れ無い様に、読み続ける一冊になりました。


信頼できる本だと思います

ネットでたまたま見つけた本ですが、半信半疑ながら購入。
書いてあることは投資の王道だが、中々守ることができないこと。
改めて自分の幼稚さを思い知りました。
まだまだ自分のものにはなってませんが、この本を信じることで利益が出ることは疑ってません。


「維新流トレード術」の購入を考えている方へ

数万円する教材を買う前にまずはこれを読んで下さい。
ドレードに関する考え方の基本書かれているので、私のような初心者にはうってつけでした。
最初にネットで紹介されて比較的評価の高い教材を購入したのですが、もうひとつしっくり来ない状況だったのです、
確かにセミナー動画やロジックの解説等資料は膨大で、サポートも丁寧なのですが、
実際のトレード実績はさっぱりで勉強すればするほど自信がなくなって行く感じでした。
とりあえず一旦勉強だけにしてしばらくトレードをしないと決めた時にこの本に出会いました。
この本に書いてあることを知らずにトレードしようとしていた自分が今ではあり得ないと思います。
きっと沢山の人がこの本に書いてある内容を知らないまま、表面の手法だけの教材を購入して結局、トレードを諦めてまうのではないかと思います。
私の場合、実践はまだまだこれからですが、本当にこの本に出会えて良かったです。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/09/07 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)