勝ち続けるトレーダーになれる唯一の道 本日のテクニカル分析【7月31日(月)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【7月31日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値を切り下げ安値も更新
下げダウを築いています


ですが注目ポイントは
過去の上昇起点となった安値と少し前にそこで支えれた安値


その2点を結んだ重要サポートラインを割りかけていることですね


ただ
4時間足レベルではニュースですが
日足レベルでは直近安値を割ってきたか・・な・・・?


くらいのものでしかありませんので
あまり気にする必要もないのかも?


日足の戻り売りの最中に直近安値も割ってきただけ(笑
ただの下げトレンドですね


短期(緑)も同じく
高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続です


というわけで
基本は売り目線



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値を切り下げ安値も更新
下げダウ継続です


日足レベルの直近安値も割りつつありますが
さてどうなるか・・・


どちらにしても
「下げている途中に売る」というのは非常に危険です


それができるのは十分なリワードが見込める場合なのですが
それはあくまでも「見込み」なので
損切幅が狭く設定できるところであるかどうかも合わせて確認する必要があります


リワードというものが将来の不確かなものであるのに対して
リスクは過去の値動きから考えることができます


不確かな先のことばかりを考えずに
すでにわかっている過去の値動きから考えるという
足元をしっかりと固めるトレードも身につけるようにしてほしいですね(^^)


なんにしても
中途半端なところから「勝てそうな気がする」というトレードをするのではなく


しっかりとした根拠のあるトレード
リスクとリワードが見合ったところでのトレード


これらを継続することこそが
勝ち「続ける」ことができるトレーダーになれる唯一の道です


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バイブルの1つになりそうです

トレードの基礎であり、決して飛び越えてはいけない重要な知識が凝縮して詰め込まれてる一冊だと思います。
初級トレーダーなら持っておくと絶対為になると思います。
私の場合は、自分がどれだけ曖昧な知識でトレードしていたのかを、思わず何度も苦笑しながら謝ってしまうほど指摘してくれました...。
この一冊に出会って、トレードに対する自分がガラッと変われてきていると思います。
とても感謝しています。
論理的思考で解説してくれているので、とても納得でき、冷静な判断力もつくと思います。
維新流の介さんのサクサクとした論理的解説が好きになり、さらに深掘りしたトレード関連商品が欲しくなり、ワクワクしながら購入しました。
そちらも気に入っています。
それら含め、この一冊も何度も読み返して消化し、トレード力アップに繋げたいと思います。
本当にありがとうございます。


基礎知識に対する理解

初めは維新流トレード術を手にするか迷いました。
どの本も、表面上の知識[インターネットでも検索できる内容]しか書いてなく、
知った気になれても、いざ実践する場面になると、結果的に負けてきたからです。
 しかし、それはテクニカル分析の根底にある相場の原理原則という観点から相場と向き合う為の知識が無いことに、この本に出合うことで理解することが出来ました。
 今は相場に通じる時間で変化しない原理原則をより深く考えることで収支が若干ながらが安定してきました。
これからも勉強は続けていきます。
因みに、買う決意をした本当の理由は、送料以外の資金が無料であったことが一番の要因です。


今迄、手法ばかりにとらわれていました。

もう10年も前に読んだ、本に書いてあった通りにトレードをして大負けをしました。
その後、相場を見ることからも遠ざかりました。
まだ、リアルトレードをするに当たっての資金がないので、日々勉強をしている最中ですが、
過去の負けた理由がだんだん解るようになってきました。
この教材は武道の教えで言うところの、「守破離」の守としては最高の書籍だと信じます。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/07/31 08:34 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)