トレードで勝つためのコツなんてこれだけ! 本日のテクニカル分析【7月27日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【7月27日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
まだ下げダウ継続です


短期(緑)レベルでは安値を切り上げ高値を更新
大きく上昇しましたが
昨日の記事でお伝えしていましたように
日足レベルでは戻り売りポイント


そして長期(青)レベルでは下げダウを継続していましたので
買いばかりを検討していてはいけない相場


ですが
その戻し(上昇)も大きかったため
しばらく続いた下げトレンドの下げ勢いが失われつつあるのも確か


でも日足(赤)は下げ・・・


ということで
大きめの持ち合いに突入する可能性もあります


4時間足レベルの持ち合いは
その後の日足レベルでの戻り売りポイントをさぐるものでもあるので
保合い突入後はそのつもりで(笑


ただ
日足レベルでは大きく安値切り上げポイントでもありますので
その保合いで下げ切らないと判断されたら
今度は4時間足レベル安値切り上げから日足レベルの上昇に転ずる可能性もあります


だけど目先は
長期(青)が下げダウで
短期(緑)が直近安値割れ


ってことで
短期(緑)レベルの戻り売りポイントを探る必要があります


だけど?
4時間足の移動平均線(青)が水平になってしまったので
すぐに戻り売りも難しいか?


という具合に
思考しなければいけないことが多ければ多いほど
それは「美味しい」相場ではない!!ってこと(笑


獲りやすい相場ってのは「わかりやすい」もの


気が付いたらあれこれめっちゃ考えているなぁ・・と思ったら
それは相場が難しいか
もしくは
自分の手に余る相場環境であるということなので注意



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値をわずかに更新するも
夜中に直近安値を割っていっきに下落


短期(緑)も同じですね
高値を更新もいっきに直近安値割れ


ってことで基本は戻り売り待ちですが
上で書いたように上位足がちょっと嫌


わかりづらい相場は手を出さないに限る
いくら動こうとも手を出さないに限る


トレンドフォローの基本は押し目買いの戻り売り
上位足に沿った押し目買いの戻り売り


相場環境の把握とはつまり
現在のトレンドを見極めること


それが見つけられないところではトレードしない
ただそれを「徹底」するだけで
トレードの成績は大きく変わります


負けしかないトレーダーは勝ちトレードもできるようになり
勝ち負けトータルでなかなか良い成績がでないトレーダーは
負けが減って勝ちの利幅が減るためトータルで利益が増える


変なところでは手を出さす
勝てるところだけで勝負をする


その勝てるところとはどこか?
これを自分なりにちゃんと決めておくこと
大まかでいいので決めておくこと
そしてそれを守ること


トレードで勝つためのコツなんてこれだけです


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わかりやすい!!

FXの書籍はテクニックや手法を教える本が多かったのですが、
この本は、相場の根本的な見方を教えてくれます。
基礎は非常に大事なことを改めて認識できましたし、さらに、根本的な事がわかってくると、
どのインジケーターでも使えると思えてきます。
インジケーターに頼らないで、ダウと移動平均線、水平線、トレンドラインだけでトレードが出来ることも見えてきました。
とても良い本です。


衝撃を受けた

ショックでした。今まで自分が学んでいた事はなんだったのかと・・・

何度も繰り返し読み返して、実践も続けていく必要があり、その人それぞれ相応の時間がかかると思いますが、
そのあかつきには、本の内容が「自分のトレード」になっているだろうと、強く期待が持てます。

本を読んでまず、思考回路が変わりました。
気持ちも安定しました。正しい内容を知る事ができたことへの安心感ではないでしょうか。
この本の内容をしっかりと理解して実践する事は、結果を出すために必要不可欠だと思います。

もう色々と手法やインジケーターを探さなくて良いし、迷う必要もない、ひたすら実践し、
上手くいかないところを見直してやり直し、そしてまた実践し、の繰り返しだと思います。

もし、この本の内容をしっかりと落とし込んで実践しても、結果がでなかった場合は、もうトレードを諦める覚悟です。
維新の介さんの内容でダメなら、もう他には無いと思っているからです。


移動平均線のバイブル

少し前から他の教材を使ってFXの勉強をしていました。
自分でシナリオを立ててトレードをすることが大事ということはわかったのですが、
浅い知識だけではチャートの見方が全然わからず、行き詰まっていました。
そんな時に、この本に出会いました。まず内容の濃さにびっくりでした。
特に、移動平均線に関してこんなに丁寧に解説してある本は見たことがありません。
また、ダウ理論やグランビルの法則を学ぶうちに だんだんとシナリオを描くということができるようになってきました。
まだデモトレードでしかやっていませんが、勝てる日が多くなって楽しくなってきました。
おそらくこの本に出会ってなければFXのことはあきらめてたと思います。本当にありがとうございました。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/07/27 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)