上位足の抵抗線の存在とその考え方 本日のテクニカル分析【7月10日(月)】


【7月10日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
上昇ダウ継続です


ですが
実は日足レベルの前回の高値付近に近づいており
上値が重たくなってきています


上位足で認識される抵抗線というのは
当然手仕舞いの売りやトレンド反転を期待した逆張り売りが入りやすく
上昇トレンドとは言えども荒れやすく
かつ
些細なきっかけで反転下落につながりやすいということは覚えておいてください


つまり?


上位足の抵抗線付近で「買う」というのは
けっこうリスクが高いトレードだということです


もちろん同じように
上位足のサポートライン付近で「売る」という行為も
リスク高めのトレードですよ(^^)


基本中の基本ですが
案外このチャート上の「難しいところ」を意識しないトレードをしている人が多いです


チャート上の節目は
優位性だけではなくリスクも教えてくれるということは
しっかりと覚えておいてください


もちろん相場の勢いが強ければ
節目を無視して突き抜けることもありますので
そこらへんの判断をいかにしていくか?ということも
そのうちお伝えしていきたいと思います(^^)


というわけで
基本は買い目線だけども
上位足で売りが入ってきやすいためリスク高め
そして下位足(1時間~4時間足程度)のトレンド転換では
売っていくことも視野に入れて取り組んだほうがいいかも?



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立
長期(青)は安値を切り上げ高値も更新
上昇ダウ継続です


短期(緑)は
上昇途中で一度直近安値を割りました(※雇用統計)


ですがその後高値を更新し
現在はその高値をサポートとして反転上昇を継続する動きをしています


だけど上でも書いたように
日足レベルの抵抗線が存在しているため
場合によっては手仕舞いの売りがはいってくることもあるため
直近安値割れの動き
つまりダウの崩壊後の動きには十分に注意してください


ですが
上位足の抵抗線付近で反転下落せずに
そのまま(サポートされたまま)レートが停滞した場合は
その後上抜け可能性も高まります


その場合は
上下の節目に買いと売りの注文を入れて
引っかかるのを待ちます(笑


抵抗線を越えた場合は
日足レベルで買いが優勢になりますが
その節目を「確定」させるまでは
圧倒的優勢にはなりませんので注意


また
デイトレードの場合は
日足レベルの抵抗線越えをエントリーのサインにはできませんので
(※時間軸のずれがありすぎる)
もう少し下の時間軸の相場環境とあわせて考える必要があります


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大衆心理を知る事が一番大切☆

聖杯探しをしていた頃は、テクニカルに溺れ、逆に何が何だか分からなくなり、正直トレードできなくなりました。
「大衆心理を知る事」て、どの本を読んでも書いていません。読んでみて直ぐに腑に落ちました。
一番の勝利の近道だと思います。また、基本を大切にシンプルなトレードが勝利に繋がるはずです。
基本を忘れ無い様に、読み続ける一冊になりました。


信頼できる本だと思います

ネットでたまたま見つけた本ですが、半信半疑ながら購入。
書いてあることは投資の王道だが、中々守ることができないこと。
改めて自分の幼稚さを思い知りました。
まだまだ自分のものにはなってませんが、この本を信じることで利益が出ることは疑ってません。


「維新流トレード術」の購入を考えている方へ

数万円する教材を買う前にまずはこれを読んで下さい。
ドレードに関する考え方の基本書かれているので、私のような初心者にはうってつけでした。
最初にネットで紹介されて比較的評価の高い教材を購入したのですが、もうひとつしっくり来ない状況だったのです、
確かにセミナー動画やロジックの解説等資料は膨大で、サポートも丁寧なのですが、
実際のトレード実績はさっぱりで勉強すればするほど自信がなくなって行く感じでした。
とりあえず一旦勉強だけにしてしばらくトレードをしないと決めた時にこの本に出会いました。
この本に書いてあることを知らずにトレードしようとしていた自分が今ではあり得ないと思います。
きっと沢山の人がこの本に書いてある内容を知らないまま、表面の手法だけの教材を購入して結局、トレードを諦めてまうのではないかと思います。
私の場合、実践はまだまだこれからですが、本当にこの本に出会えて良かったです。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/07/10 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)