レートが伸びる理由を考える 本日のテクニカル分析【6月28日(水)】


【6月28日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立しつつあります
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
ゆったりと上昇トレンドを築いています


短期(緑)も同じく安値を切り上げ高値を更新
上昇ダウ継続です


4時間足レベルで安値を切り上げたポイント
かつ日足移動平均線(赤)に支えられていた状態で
短期(緑)がわかりやすく安値切り上げ高値更新でしたので
比較的わかりやすい上昇スタートでしたね(^^)


まだ日足移動平均線(赤)が週足移動平均線(水色)よりも下に位置しているため
つまりデッドクロス状態であるため
いったん大きく戻す可能性があるので
短期レベルのトレンド終了の動きには注意してください


場合によっては
上昇手仕舞いの売りの動きに乗っていけるかも?


ですが
過去の高値を上抜いているということは
支えられてさらに買われやすい状況であると言うこともできます


という具合に
常に買いと売りのシナリオを
「投資家の行動と心理」から考えて描くようにしてください


って書くと難しく思えるかもしれませんが
トレードってのは
より高値でも買いたい(より安値でも売りたい)というトレーダーがいなければ
レートは伸びないのです


このことと「注文の集中」を合わせて考えれば
自ずとトレードするところが見えてきます


インジケーターを組み合わせて考える場合でも
過去の優位性とかではなく
投資家の行動と心理と注文の集中をどのようにチャート上に表現するのか?
ってことを考えなければ
そのインジケータートレードが有効に働き続けることはありません



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立
長期(青)は安値を切り上げ高値も更新
上昇トレンド継続です


短期(緑)は一度直近安値を割って下げてきましたが
そこから急反発上昇


これを獲りにいくのは実はちょっと難しい(※方法と考え方はあります)


結局高値を更新して安値も切り上げ・・・ですが
ここで高値切り下げか?


1時間足レベルでも認識できる高値切り下げですのd
ネックライン(直近安値)を割ったら少し手仕舞いの売りが入ってくるかもしれません


ただ
この安値はわかりやすいレジサポ逆転ライン
下抜けるか!?


むしろ反発上昇ポイントになる可能性も?


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本物

これまで株、FXの本を軽く50冊超えるぐらいは読んで来ましたが、その中で最高の1冊!
過去の投資の失敗の理由がよくわかりました。
目から鱗の連続。なんだ、そうだったのかー!って、読みながら何度、口に出したことか。
介さんの真摯な性格も行間から滲み出ていて、いい本ですね!


納得、信頼、精進

現在デモ中で2冊目にこの書籍に出会いました。
従来のチャートの説明やクロスばかりに注目した内容と違い、
レートの真理に裏付けられた理論は大変納得でき説得力がありました。
また維新の介さんが机上の評論家的でなく、百戦錬磨のリアルトレーダーなので、
その経験からもたらされる内容は信頼感の持てるものだと感じました。
繰り返し読んで無意識的有能を目指していきたいと思います。
ありがとうございました。


トレードに留まらない考え方

FXを始めてみたものの、正に買ったら下がる、売ったら上がるでした・・・。
損切りの根拠も曖昧で、利益を出してもその数倍損をだして、収支マイナス・・。
この本に出会って、知識の根拠が有れば、メンタルは自然と鍛えられる(と言うか、気持ちに余裕が出来る)事が、実感しました。
これは、トレードだけでなく、私生活や仕事でも言える事だなと思い、自分自身が一つ成長した気がしました。
テクニカルな面では、フォロー動画が非常に分かりやすくて、解説本やHOWTO本の中では群を抜いて親切丁寧だと思いました。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/28 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)