上位足と下位足のダウの位置関係とトレードシナリオ 本日のテクニカル分析【6月13日(火)】


【6月13日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


短期(緑)ではいったん上昇ダウに入っていましたが
日足(赤)&週足(水色)の移動平均線におさえられ
長期(青)ダウに逆らいきることができずに下げていきました


その短期(緑)は直近安値を割り
場合によっては高値を切り下げていると判断できるかも?


というわけで
基本目線は売り相場


ただし
長期(青)の安値を更新しているわけではないため
下位足のトレンド転換次第では「安値切り上げ」状態となるため
買いが入りやすい状況になります


この上位足と下位足のダウの位置関係はよく覚えておいてください
だから直近安値までが「とりあえず」の目標値となるんです


そしてそれは
常に買いと売りとを考える時の材料になりますので
シナリオを描くために非常に重要な考え方なのです



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立から下で成立しかけています
長期(青)高値を切り下げ安値を更新?


途中の「??」の部分が
この時間軸で明確な高値切り下げと判断されるかどうか?ですね


私の中では高値切り下げに見えましたので
ここは直近安値を割ってきたら下げ確定!!という美味しい局面と捉えて
売りで獲りにいくことができました


短期(緑)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


4時間足の移動平均線(赤)に対して戻していってますので
ダウの方向からも下げダウ継続か?


ただし
4時間足のところでも書いたように
ここはより長期のスパンで見た場合に「安値切り上げエリア」にあるということ


下位足のトレンド転換次第では
長期スパンでの下げが終了と判断されて
徐々に手仕舞いの買いが入ってくることもあるため注意が必要です


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目から鱗でした。

「メンタルを鍛えるの嘘」は目から鱗でした。
メンタル以前に、自分は根本的な相場のとらえ方がわかっていなかったことを痛感しました。
特にテクニカル指標による相場のとらえ方は圧巻です。
移動平均線やMACDはこう使うのか!と感動を覚えました。
「根拠のある売買」とはよく聞く言葉ですが、指標のパラメーター設定一つとってみても、
ここまで根拠を明確にして、筋の通った解説をしてくれる書籍には出会ったことがありません。


「チャートを動かす大衆心理を・・・」感想

「目から鱗」的視点からの相場分析がされています。
中でも、印象に残っているのは、「メンタルを鍛える」の嘘・・・・。
「トレードするにあたり、不安を感じるのは、知識として理解ができていないからであり、
メンタルに責任転嫁してはいけない」という視点は、なるほど・・・と思いました。
また、5分足・15分足・60分足・・・・の相場の状況・勢いを連動させて、捉えていく視点も新鮮です。
これにより、5分足でトレードしても、状況判断により、15分足・60分足と、ポジションを継続させていく。
そして、「相場は取りやすいところで、取る」という事。あれこれ、テクニカルや知識を動員して、値動きを追っかけがちな私にとりましては、重要な視点です。
全編を読み終わっての感想としましては、新しい感覚の捉え方の様な感じがします。
難しい事を考え過ぎず、知的にすっきりと整理されていくと思います。
現在は、この内容が相場の実戦で活かせる様、再度読み直しております。


何回も読み返しました。

いままで読んだ書籍のなかで一番です。
何気なく使っていた移動平均線がこんなに使えるツールになるのかと正直驚きました。
トレードに対する考え方もすばらしいと感じました。
ことある事に読替返す価値のある本です。


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/13 08:35 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)