シナリオを考えるときのダウ理論と移動平均線との付き合い方 本日のテクニカル分析【5月26日(金)】


【5月26日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
上昇ダウです


先日の下げに対しての手仕舞いの買いは
予想通りあまり入ってきませんね


日足移動平均線(赤)と
週足移動平均線(水色)が上にかぶさっていますので
日足レベルの戻り売り勢力がなかなかがんばっているようです


また
抵抗になりそうな過去の安値も存在しており
上値の重たさに一役買っている状態


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新していたのですが
長期(青)レベルでほとんど上昇しない中
短期(緑)的に高値を切り下げつつあるか?


だとしたら
短期(緑)レベルのネックライン(直近安値)を下に割ってきたら
その後4時間足の移動平均線(青)もついてくることになり
売りが加速する可能性があります


日足&週足の移動平均線が後押ししかねないので
ひょっとしたら大きな下げに・・・?


日足の方向感が安定していないので
ちょっと判断は難しいですね



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新していたのですが
ここで高値を切り下げつつあります


4時間足でも書きましたが
ネックライン(直近安値)を割ってきたら
ここまでの上昇の手仕舞いの売りが入りやすいこと
1時間足から日足までの移動平均線の方向に沿うこと等で
大きな下げにつながる可能性がでてきます


短期(緑)も上昇ダウを築いていましたが
長期(青)の高値切り下げポイントで高値切り下げか?


短期(緑)レベルのネックライン(直近安値)を割ってきたら?
とりあえず売り優勢エリアであり
4時間足の移動平均線レベルのトレーダーの売りも誘発しそう


そしてそれがさらに
長期(青)レベルのネックライン割れにつながれば
日足レベルの戻り売り開始となるかもしれません


逆に支え切られれば
今度は安値を切り上げつつある状態といいうことになるので
4時間足の移動平均線(赤)方向へとレートを伸ばす要因となりますし
ひょっとしたら日足移動平均線も越えて上昇するかもしれないわけです


もちろんこれは
最低でも長期(青)高値を越えてからのお話(^^)


ってことで


シナリオを考えるときのダウと移動平均線との付き合い方
少し見えました?


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

絶賛

今までの本が正直わかりにくかった!! 何が重要かが特に!
しかもまるっきり使えない手法まであるなか この1冊は別次元
重要な事はシンプルに簡単に書いてます 読み上げた後の月は投資歴1年半年初めて少額ながらプラスになりました

初心者の方は、読まれてデモで練習すると効率がいいと思います


本物

FXを始めたいけど、地道に勉強するのが嫌で、安易に勝てる方法ばかり探していました。
それだとギャンブルと変わらないことに、維新流さんの本や動画で気づかされ、幼稚だったと反省しました。
また、そんな初心者を喰い物にしてる業者も見抜くことができるようになりました。

サインツールやインジケーターを使いこなすうえでも、基礎を学んでおくことはとてもたいせつです。
本物は地味に見えるものですが、いちばん価値があります。
初心者のうちにこの本や動画に出会えてとてもラッキーです。


本質を突いてます

他とは比べ物にならないくらい、トレードで勝つためには必ず知っていなければならないことの本質を突いてます。


根性論ではなく

根性論ではなく
トレードのなぜが書かれています

例えば損切りについて
なぜここで損切りしないといけないのか理解してないから損切りができないでいる

それがかかれている数少ない本です



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/05/26 08:36 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)