MACDルールで見る本日のテクニカル分析

【8月11日(木)】


本日のユロドル 1時間足チャート


ユロドル テクニカル分析



前回の高値も切り下げ、さらにダイバージェンスを起こして下げてきました。

1時間足ではMACDルールが成立し、

さらに下げの様相を呈してきましたが、

ドル安の現在簡単にユーロ安になるとも思えず、

15分足あたりでダイバージェンスや安値の切り上げが起こって、

下落圧力が軽減してきたらショート方面は要注意ですね。


1時間足のボリンジャーバンドの勢いが失われつつある状態で

4時間足のボリンジャーバンドに勢いが波及しなかったのも気になります。

現在4時間足ボリンジャーバンドの-2σ近辺にいますが、

下位足で底値の切り上げ等あれば要注意です。


ですがMACDルールが成立している限り

攻めは下げ目線が無難です。


反発上昇等が起こったとしても

獲りにいくのは短時間軸のトレードが好ましいと思われます。




初心者の方は

1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)


【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html



FX ブログ


関連記事
[ 2011/08/11 08:25 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)