【重要】なぜトレードが不安定になるのか? 本日のテクニカル分析【3月1日(水)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【3月1日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


だけど昨日はレートをほぼ日足レベルのサポートラインにまで下げて
その後は急反発上昇


下げダウとサポートラインとの間で
激しい攻防があったようです


欧州時間手前からの下げも
日足サポートラインが意識されていたのか
非常に下げにくい流れでした


日足移動平均線(赤)は下げ
週足移動平均線(水色)は上げ
イヤな形ですね(^^;)


急反発上昇したレートは
現在レジサポ逆転ライン(抵抗線)付近にまで到達


抵抗線付近には売り注文が貯まっていることが多く
113円ラインに近いこともあるので
下位足の下げ方向へのトレンド転換の動きには注意


ただ
短期(緑)直近高値を更新していることにも注意


このラインで比較的長い期間支え切られたら
その後さらに上昇する可能性もあります



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値を更新し
日足レベルのサポートラインにほぼ到達


そこから
短期(緑)レベルの安値切り上げもなしに
いっきに反転上昇


そしてわかりやすいレジサポ逆転ラインにまで到達し
現在抵抗線として少し意識されている状態


さて
この節目をどのように活かしてくるか?
それを考えるのがシナリオを描くということ


上位足レベルでも認識できる抵抗線なので
下位足のトレンド反転からの売りとするか


上抜くことによって買い優勢とするか


しかしそこに
安値切り上げがないことをリスクと捉えるか


いろいろ考えることができると思います(^^)


だけど大切なのは
そこに上位足の支えや抑えがあるかどうか?ってこと


この根拠が薄い相場は
値動きが非常に不安定になる傾向にあります


つまりそれはそのまま
トレードの成績が不安定になることにつながります


ここは非常に大切なことなので
しっかりと意識しておいてください


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チャートを見る目が変わった

今までBOを運任せでやり、FXを始めましたが全く勝てませんでした。
他の教材を買ったりしましたがどれも書いてることは同じでした。
それらの本を読んだ上で失敗したことがこの本で書かれてあり、大変参考になりました。
今2ヶ月が経ちましたが、それ以前とはチャートの見方が変わりました。
収支も運任せのものに比べれば劇的に変わりました。
一般に発売されている本を読むならこれ一冊買った方が断然良いです。


基本と素直さが無い

FXを始めて2年が経ちました。
10万円が3万円になりました。
ネットで勉強しながらやってましたが、シストレに手を出して、強制ロスカット。
投資教育の会社から、サインツールで勝率7割とか言う3万円の教材を2個買い、順調に減らして来ました。
維新の介さんの本を見つけ購入。2千円ちょいなのに、2年間、何をしてきたのか、、と考え直させられる内容でした。
まだ2年間の勝てない恐怖から抜け出せていないので、トレードしてませんが、これでやり直せると思います。
素直にルールを守りトレード出来れば。
教材も買いたいですがお金がないので、(返金しますと言ってくれてますが、流石に気が引けます)本で勉強し勝てるようになったら、維新の介さんの教材を買いたいです!


決定的な一言

理論と実践の間にある大きなギャップ。
分かっているけど、出来ない。
実際にどうしていいのか解らない。

ここで、多くの人が相場の世界から脱落していくのではないでしょうか。

維新の介さんの一言は、このギャップを埋める大きな気付きを与えてくれました。
感謝しています。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/03/01 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)