トレンド継続か否かの判断 本日のテクニカル分析【2月16日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【2月16日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立しつつあります
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
上昇トレンドです


日足レベルのサポートラインからの反転上昇ですので
まだ上昇継続する可能性はありますが
日足移動平均線(赤)が水平気味なのが気になりますね


水平のうちは
あまりかい離せずに一度戻してくる可能性が非常に高く
支え切られたことを確認できてからでなければ
安定した上昇にはつながりにくいんです


短期(緑)も上昇ダウを継続していますが
引いてあった抵抗線に到達後に急落


この抵抗線は
過去に築いた高値を
「確定づける」小さな高値から引いた抵抗線です


ライン引きの際にあまり重視する人はいませんが
私はかなり大切にしているラインです


抵抗線に到達し
前回ほどの値幅を築かずして下げてきましたので
いったん大き目の押しが入るか
トレンド終了の可能性がありますね


下位足のトレンド転換の動きには注意が必要です


もちろん
現在はまだ上昇ダウが継続していますので
基本は買い目線


どこで支えられるか?
その支えられたポイントは日足レベルでも買いたくなる形となっているか?


そのように見るようにしてください


もしそうであれば
まだ4時間足で上昇する余地があるということです



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
上昇トレンド継続です


ですが抵抗線に到達後に急落してきました


短期(緑)は上昇ダウを継続していましたが
この抵抗線でいっきに反転急落


直近の安値も割ってきて上昇トレンド崩壊


大きな流れの第5波の中にある
小さな流れの第5波が崩れた感じ


上昇も終了か?


短期(緑)レベルで高値を切り下げてきたら
トレンド終了の可能性が高まりますね


だけど
まだ上昇中の4時間足(赤)と日足(水色)の移動平均線が支えているため
わかりやすい注文(売り)集中ラインを下回ってからでなければ
安易に売っていくのは危険かもしれません


また
長期(青)は上昇ダウを継続しているため
短期(緑)レベルで再度買い優勢エリアにくれば
さらに上昇継続の可能性もあります


常に買いと売りの両方のシナリオを(^^)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すごく勉強になります。

チャートの向こうにいる大衆心理というのは、今迄考えずにいました。
FXを始めて2年、いろんな本を手にとりましたが、この本が一番具体的でわかりやすいです。
毎日更新される動画やブログと合わせて読むと、理解度が一層深くしみてきます。
ありがとうございます。


新しい切り口

FXを始めるにあたり、色々な方の視点があり、シナリオの描き方があると思うのですが、
この本は真髄をついている本だと思っています。
維新の介さんの全てではないでしょうが、
日本の底上げを全面的にお考えになっておられるお気持ちがズバリ惜しげもなく乗せられていると思います。
理解力に乏しい私でも毎日配信して下さる貴重な分析と合わせてその都度開いては落とし込もうとバイブル的な本になってます。
この場をお借りして感謝申し上げます。


王道の理論

FX歴1年半、決して長いとは言えませんがそれなりの勉強はしてきました。
数種類のインジケーターとボリンジャーバンドとローソク足の位置関係からトレードポイントを探る方法などを勉強・実践。

ただしその方法だと100回トレードをしたら100回のパターンを覚えるような収集のつかなさ一貫性の無さを感じていました。

著書・維新流トレード術はダウ理論・移動平均線を基本に置いたローソク足の動きから考えるトレンドフォローを中心とした内容ですが、とても勉強になりました。

まず読むことでこれまで学んだものは各所断片的で学んだことに連携性がないことが
自分の中で整理されにくい元となっていることに気が付きした。

と同時に、ダウ理論はこれまでに自分が学んだ、点であった学習内容を線で結ぶ役割をしてくれました。
おかげさまで所謂、腑に落ちるという状態です。

自分の中で抜け落ちていた中心軸となる考え方であり理論でした。

トレード経験の有る無しに関わらず読んでみて得るものは多いと思います。
また読み返すごとによほど完全にマスターしない限りは新しい気づきや再認識があると思います。
逆にマスターしたというなら勝てない方が不思議と思わせるだけの内容があるように感じます。

僕自身まだそこまでは行ってはいませんが(;・∀・)
本当にそう思いますよ!


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/02/16 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)