簡単にトレードするための条件 本日のテクニカル分析【1月31日(火)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月31日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は2回同値の安値をつけて底堅いし
3回高値を同値でつけて上値も重い


だけど
昨日の記事で「大保ち合いは大相場」とお伝えし


かつ
「節目」のわかりやすい相場は獲りやすいということもお伝えしました


昨日の相場がまさにそれでしたね
節目もわかりやすいし下位足の反転もわかりやすい


そうなってくると
エントリーのタイミングも取りやすく
しかも逆行がほとんどないため
トレードは簡単になることが多いんです


抵抗線におさえられ
下げている日足移動平均線(赤)におさえられ
さらに4時間足の移動平均線(青)も割ることによって
日足~4時間足の方向がそろいます


つまり「利幅」が期待しやすい相場となります


さらに次の節目までそれなりの値幅があることが確認できれば
そりゃもうヨダレが出そうな相場


あとは
下位足のトレンド転換の「確定」からトレードするだけ


こうやって流れを見たら
トレードって簡単でしょ?



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立しつつあります
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新しましたが
強力な抵抗線付近でヘッド&ショルダーズを形成
ネックライン割れから下げ


さらにそのネックライン付近でリターンムーブ
NY時間突入で大きく下げました


短期(緑)は下げダウを形成していますが
長期的には・・・微妙かな?


4時間足レベルでも認識できる戻しがあれば
さらに大きく下げる可能性はありますが
1時間足レベルの戻しだけであれば
トレードはデイトレレベルで早めに利益を確定しておいたほうがよさそうですね


長期(青)直近安値まではもう少し値幅がありますし
上位足レベルのサポートラインまではさらに値幅があります


この後短期(緑)的なトレンド終了の動きを見せなければ
さらに下げを継続する可能性もありそうです


ですが
4時間足の移動平均線(赤)がまだ水平気味なので
かい離しすぎからの回帰の動き(買い)が入るかも?


やはり下位足のダウの方向には気を付けて


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お世辞抜きで素晴らしい!

この本に出会ったことは、今後の投資人生において最良だったと断言できる。
知らなかったということは恐ろしい事だと気づいた。


初心者

2015年も、残り少なくなってきましたね。

今年はお世話になり、ありがとうございました。

FXをはじめるときめて、約二ヶ月。
初めてみようと思って、約三ヶ月。この本を購入したのは、教材を探してるときに、たまたまネット広告が出てたからです。

いうならばタイミング。

結果オーライ。

利益がついてくるのかは、購入して、勉強はじめてから日が浅いので、わかりかねます。

分かり易さ、フォロー体制については素晴らしいと思います。

何より、面白い。

フォロー動画でのお話の一文。「職人技です」
お気に入り。

個人的に、飲食店なので年末年始は寝る時間を削るのも、やむおえない程度に過密スケジュールです。

また来年度、購入書籍と自分に期待しつつ、少しずつ、着実にすすめていきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。


素晴らしい!バイブルになり得る一冊です

購入する直前に維新の介さんのfacebookに出逢い、「この人は本物っぽい!」という期待はあったのですが、
価格が安かったこともあり、正直、「内容の薄い怪しげな本かな?」という思いもありました。
でも返金補償もあったのであまり期待せずに購入したという感じです。
書籍として販売されているので、「これは自信の現れか?」という期待も少しはありました。

で、内容ですが、もう素晴らしい!の一言。
「百聞は一見にしかず」、とにかくこの本の良さは読めば分かります。
勝てていない人なら絶対に買って損はないと思います。
私はパン○ーリング社の良書より断然こちらの書籍をお薦めします。
(言っときますが、私はサクラじゃないですよ)


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/01/31 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)