大保ち合いは大相場 本日のテクニカル分析【1月30日(月)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月30日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は
安値を同値で2回つけて底堅く
高値を同値で2回つけて
現在3回目の高値更新阻止


4時間足の移動平均線(青)は上昇し
日足の移動平均線(赤)は下落中


水平ラインと移動平均線に上下をおさえられて
なかなかに難しい相場・・・


いわゆる保ち合い相場であり
一般的には難しいと言われますが
移動平均線だけならともかく
チャートは節目がハッキリしているため
「挟まれた」相場というのは意外と獲りやすい相場であったりします


大保ち合いは大相場


なんて相場格言もありますが
上位足の節目のハッキリしている保ち合いは
どこにどんな注文が集中しているのかがわかりやすいため
デイトレレベルでは簡単なことも多いです


もちろん
節目のわからないぐちゃぐちゃの相場は敬遠する必要がありますが・・・


ここらへんの違いを
チャート上からしっかりと読み取るようにしてほしいですね


現在は
長期(青)レベルでハッキリと表れた節目の上下に
トレーダーの意識が集中している状態



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールはは不成立ですが
4時間足で書いた長期(青)レベルの抵抗線を越えることによって
きれいに成立してきそうです


長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
現在は上昇トレンド中


短期(緑)も安値を切り上げ高値を更新で上昇トレンドでしたが
抵抗線直前で小さく高値を切り下げか?


少し窓を開けて下げてきましたが
直近安値(緑)で支えられています


この直近安値
ヘッド&ショルダーズのネックラインであり
レジサポ逆転ラインでもありますので
けっこう重要かも?


割ってきたり
その割ってきたことを「確定」させてきたりしたら
先日からの上昇の手仕舞いの売りの動きに注意が必要


ただ
4時間足の移動平均線(赤)は上昇中であるため
割ってきたとしても
どこかの安値で支えられる可能性が高いということも忘れずに


支え切られたら
今度はちょっと上昇目線なのですが
この記事を書いている最中に少し割ってきました・・・


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チャートを見る目が変わった

今までBOを運任せでやり、FXを始めましたが全く勝てませんでした。
他の教材を買ったりしましたがどれも書いてることは同じでした。
それらの本を読んだ上で失敗したことがこの本で書かれてあり、大変参考になりました。
今2ヶ月が経ちましたが、それ以前とはチャートの見方が変わりました。
収支も運任せのものに比べれば劇的に変わりました。
一般に発売されている本を読むならこれ一冊買った方が断然良いです。


基本と素直さが無い

FXを始めて2年が経ちました。
10万円が3万円になりました。
ネットで勉強しながらやってましたが、シストレに手を出して、強制ロスカット。
投資教育の会社から、サインツールで勝率7割とか言う3万円の教材を2個買い、順調に減らして来ました。
維新の介さんの本を見つけ購入。2千円ちょいなのに、2年間、何をしてきたのか、、と考え直させられる内容でした。
まだ2年間の勝てない恐怖から抜け出せていないので、トレードしてませんが、これでやり直せると思います。
素直にルールを守りトレード出来れば。
教材も買いたいですがお金がないので、(返金しますと言ってくれてますが、流石に気が引けます)本で勉強し勝てるようになったら、維新の介さんの教材を買いたいです!


決定的な一言

理論と実践の間にある大きなギャップ。
分かっているけど、出来ない。
実際にどうしていいのか解らない。

ここで、多くの人が相場の世界から脱落していくのではないでしょうか。

維新の介さんの一言は、このギャップを埋める大きな気付きを与えてくれました。
感謝しています。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/01/30 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)