〇〇〇するところに相場の優位性が存在する 本日のテクニカル分析【1月25日(水)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月25日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は前回の高値付近で反転下落
そして前回の安値付近で反転上昇


高値安値をおさえられ支えられた状態で
かろうじてまだ下げダウ中ではありますが
底支えされているので下げ継続するかは「???」という形


ですが
短期(緑)はまだ下げダウ中であり
4時間足の移動平均線(青)や日足の移動平均線(赤)も下げているため
反転上昇するにしても値動きは荒くなる可能性が高く
下げ継続するのであれば
それはそれで問題ない相場


逆に言えば
買いとも売りとも判断できる相場ということですので
難しくなる可能性も高いということ


どこにどのような注文が入っているのか?
多くのトレーダーはどこを見てどのように注文を入れてくるのか?


とは言っても
全体的に見たらそれはランダムに入ってくる


だけどその注文が
大きくどちらかに偏るところが優位性ということです


それはチャート上のどこに存在するのか?


ちゃんと考えてトレードしないと
このような相場では相場の思惑に振り回されて損失を積み重ねることになりますよ



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立ですが
崩れつつありますね


長期(青)安値が
さらに上位足レベルの直近安値ライン(サポートライン)でピタリと下げ止まり


短期(緑)がダブルボトムを築いて
さらにネックラインを越えて上昇したのが昨日の相場


1時間足の移動平均線(青)にも支えられて
短期(緑)的には上昇ダウを継続しましたが


4時間足の移動平均線(赤)はまだ下げ方向であるため
短期トレンドの崩れはそのまま下げにつながる可能性が高いです


でも?
まだ1時間足の移動平均線(青)は上昇していますので
今度はその付近の適当なサポートラインの存在が下げ継続を邪魔します


というわけで
下げてきた場合は
1時間足の移動平均線の向きがそろわなければ
その下げの寿命は短く急激に戻す(上昇)ことがありますので注意


同じように
上昇を継続した場合も
今度は下げ継続中の4時間足の移動平均線(赤)が邪魔をします


どこかの適当な抵抗線で上げ止まったら
いきなり下げてくる可能性が高まります


このように
わずかな思惑のバランスの違いでどちらにでも動く可能性があり


かつ
それも簡単に崩れてしまいかねない相場です


上で書いたように
どこにどのような注文が集中しているか(偏っているか)
これをしっかりと考えながらトレードするようにしてください


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オンライン実践プログラム

ポンドロングに捕まっていて遅れてごめんなさい。
私はまだ電話注文の頃からFXはやっていて年数にすれば十分にプロなんですがまあ全く素人同様なんです。
リーマンショックの時にはご飯を食べる手が震えて食べられなくなる程の恐ろしい経験もしました。
確かポンドは120円程下げたように記憶してます。
もちろん大損しました。
戻るだろうを信じて損切りできずに・・・・
色々なトレード術も浅く広く学びました。
そして維新流トレード術に巡りあえこの本凄いと思いそしてもっと深く知りたいと実践プログラムを求めました。
もっと深く知りたいと思ったのはこれが初めてなんです。
こんなにもシンプルでそれでいて的を得ているのには感動しました。
もう10年早くこんな本に出会えていたならと思うと悔しいです。
でもまだ生き残っておりますので今からこれ一本でやり直します。
これから始める方はこの維新流オンリーで十分だと思いますよ。
あれこれやればやる程複雑になってしまい結局失敗をします。
投稿ももっと小さい字で書きたくても変換すらできないバカな私です。
でもこの本はよく理解できそうです。有難うございました。


「目からうろこ」状態

今まで沢山の書籍や塾などから教えを受けていましたが、
これほど的確に心理とシグナル指標を解説してくださった書籍とアフターフォローはありませんでした。

私は現在FXではなく日経ミニ先物をやっています。
でも理屈は全く一緒ですね。初めはFXの理論だから「どうかな?」と思っていましたが、
なんとドル円のチャートと日経先物のチャートがほぼ相似形なので本当に役に立ちました。

ようやくステップ3の意識的有能の初歩に手がかかりそうです。

これからは毎日の学習と反復実践ですが、今までと違って安心してトレードに向かえる気がします。

最後に他の人にも勧めました。
ありがとうございました。


本当の基本

これまで沢山の本を読み、塾にもお世話になったりして手法をかじってきましたが、今ひとつ腑に落ちない事が多くて???
ばかりでした。
押し目買いや戻り売り、移動平均線にボリンジャーバンドなどなど
言葉は覚えましたが意味が解らないまま設定してるだけなので、何となくエントリーして、何となく決済の繰り返し。
結果は、コツコツ上げた利益をバッサリ無くすの繰り返し。
目指してたのは、根拠のあるエントリー&エグジットのはずなのになぁ〜 とずっと思ってたところに
「維新流トレード術」に出会いました。
決め手は価格(笑)でしたが、内容に素直に驚きました。
今まで???だった事が、詳しく、分かり易い内容にビックリしました。
価格が安かったのでちょっと舐めていました。 スミマセン
本にも増して驚いているのが、購入後のサポートがとても価格と釣り合ってないほど手厚い事です。
(同時にオンライン実践プログラムも購入したのでこちらの分も入ってるのか分かりませんが)
まだまだ知っただけで使いこなせるように精進して行きます。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/01/25 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)