マルチタイムフレーム分析が必要な訳 本日のテクニカル分析【1月6日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【1月6日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユーロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
上昇勢いはかなり失われています


長期(青)の安値は同値で支えられ
その後高値も更新しましたが
短期(緑)的には下げダウを継続してトレンド転換の気配が見えません


短期的に下げている以上
長期(青)の安値切り上げが確定することもなく
買っていくには不利な状況です


ですが
長期(青)的に安値を割ったわけではありませんので
長期筋が手仕舞ってこないため
大きな下落にはつながりにくくなっています


ですが
その長期(青)直近安値を割ってきたのであれば
これまでの日足レベルの上昇にも手仕舞い(利益確定)の動きがでてくるので
大きな下げにつながる可能性が高くなります



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立から下で成立しつつあります
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


ただ長期直近安値を割ったにも関わらず
ドル円でサポートされているからなのか
少々売られづらい状況が続いています


短期(緑)も同じく
高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続中です


下げ止まっている感がありますが
まだ短期(緑)直近高値を更新していないため
下げ止まり確定と認定することはできません


「確定」するのはすべてにおいてダウが成立してからです(←重要)


レートは全体的に移動平均線の下に集中しているため
売られやすい状況ではありますが
本気で売られるためには
損切りや手仕舞い注文が入っているエリアを越えていく必要があります


また
特定の時間軸ではそういった注文の集中エリアであっても
それが上位足において反対売買されやすいエリア付近であれば
素直には下げづらいわけです


だからマルチタイムフレーム分析が必要であり
ただ分析っぽいことをするだけではなく
上記のようなことを考えながら見る必要があるんです


すごくすごく重要なことですよ(^^♪


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最初は難しいが段々と

濃いです…色々な商材はありますが、この角度の切り口は無かったと感じる所が沢山あります。
持っていて損はないです。
私もこの先、何回も読み直す事になりそうです。


一回読んだだけでは駄目です。

極端な話、この本を破り捨てても問題無いと言えるくらいに内容を理解して、デモトレードで実践出来る人でないと、そもそもリアルトレードをやってはいけない。
それくらい大切な事が書かれています。


FXで稼ぎたい50代パート

FXを初めて3ヶ月です。
資産6万円也、ツールや手法に振り回されて米大統領選でマイナス2000pips
それが12日間後、維新流で2800pipsのプラス!
PC苦手でも50代の頭脳でも出来たんです❗


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/01/06 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)