必然で勝つトレードとは? 本日のテクニカル分析【8月19日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【8月19日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユーロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは微妙・・・
長期は高値をわずかに更新後
安値もわずかに更新


というか
思いっきり保ち合いです


でも徐々に日足移動平均線(赤)に近づいてきましたね
「徐々に」ということは
それだけ日足移動平均線(赤)も水平になりつつあるということ


移動平均線が水平であれば
今まで押し戻されていたとしても
今度は上抜く可能性も高まってきたということです


そして上抜くことを想定した場合
高値はそろっているため
非常に買い注文が集中しやすくなります


しかも日足レベルでは安値を切り上げており
その安値は何度も反発で強固なサポートとなっているため
このサポートラインを割ってこない限り
「売られる」理由がありません(←※超超重要!!)


今後高値を更新してきた場合
そのときの「安値」に「売られる理由がない」というのは
今後の買われやすさにつながるため非常に大切な考え方です


もちろん
それだけ重要なサポートですから
割ってきたときは・・・(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を更新後に安値を切り下げ


短期(緑)は安値切り上げの高値更新で上昇ダウ継続
さて
短期直近高値を越えてくるか?


何にしてもイヤな相場だ(^^;)
どちらかに早く抜けてほしい・・・


今は確かに短期長期で上昇しつつあるけど
この上昇に対して
買われるだけの根拠がほしい


でも根拠の1つとなる節目はガタガタ
となると
その節目がハッキリするまで待たないといけない


もちろん相場ですから
私の言う「根拠」がなくともいっきに上昇や下落することはあります


でもそこに
自分なりの根拠がなければ
手を出してしまえばそれはギャンブル


だって自分が「理解していない」トレードをすることになるんですからね


どこでも獲りにいくことができるのが上手なトレーダーなのではなく
自分が築いた根拠(理)があるところまで待つことができ
それで安定して資金を増やし続けることができるトレーダー
これが本当に上手で強いトレーダーですよ


************


売られる理由がなければ買われやすく
下位足でも売られる理由がなければぶれにくく
すぐに上昇になりやすい


そのようなポイントを探し出すことが
安定して逆行も少なく勝率も高く利幅も得やすいトレードにつながります


これが「必然で勝つ」トレードであり
こういう根拠がしっかりしてないトレードは
例え勝っていたとしてもただのギャンブル


よく覚えておいてください


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お金を払う価値のある本でした

FX に関する情報はインターネットなどで無料で手に入るものがたくさんあるので、
わざわざお金を払って本を買わなくても... と思っていましたが、
維新の介さんのブログを読んでいて納得できることが多かったので、思い切って買ってみました。
買って良かったと思っています。とても実践的な内容で、手元に置いて繰り返し読むに値する本です。


凄いです‼️

初心者用の本? 中級者の本? 上級者の本?
色々な本を読んできましたが 、エントリーポイント、損切りポイント、明確な意味がない本ばかり
ほぼ時間とお金の無駄でした。

最初に 維新流に出会っていれば…
購入して良かったです


維新の介は、裏切らない。

維新の介さんの書籍を手にして!

日々、トレードに対する思いが変わって行くのがわかる。

チャートに向かうのが楽しくなって来ている。

何故、利益が出てきているから!


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/08/19 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)