忘れがちな水平ライン 本日のテクニカル分析【7月27日(水)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【7月27日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユーロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は同値を2回つけたあとに直近安値更新
下げトレンドに転じました


だけど日足の移動平均線が上昇
サポートとなるラインの存在もあり
とりあえずはいったん下げ止まり感


このまま反転上昇するのか?
それとも
安値を割ってさらに下げるのかは
「反転」や「更新」が「確定」してからでなければわからない


そして
これは予想するものではなく
「確定」したのを確認してからトレードしておけば
トレードは後出しジャンケンとなり
むしろ負けるほうが難しくなります


短期(緑)は高値切り下げ安値を更新で
きれいに下げトレンド


止まるかなぁ~って思っていたラインをわずかに更新しましたね
チャート中央左よりの高値のことですよ


ここでちょっと知っておきたいライン


その高値よりもちょいと下
つまり
その高値を「確定」づけた小さな高値の切り下げ(緑)
このラインってけっこう重要ですので覚えておいてください(^^)
いたるところでこのラインは有効に働きますので


話は戻って現在の状況ですが
長期短期ともに下げダウですが
上昇中の日足移動平均線(赤)やサポートラインに支えられ
反転する可能性もあります


でも安値を割ってきたら
日足の移動平均線(赤)が水平気味になっているだけに
移動平均線を引き連れての下げになる可能性も大



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立ですが
下で成立しかけ


長期(青)は下げダウを築いていますが
短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新


つまり
昨日の下落はいったん下げ止まり・・・かな?


このままこの保ち合いのレンジの中で推移する可能性が1つ
保ち合いを高値ブレイクして
昨日の下げ起点のブレイクラインにまで戻す可能性が1つ
戻したあとに1つ時間軸を上げた下げに転ずる可能性が1つ(リターンムーブ)
この保ち合いを下抜いてさらに下げ継続する可能性が1つ


シナリオとしては
ざっとこんな感じですかね


短期(緑)のダウにはかなり注意しておくこと


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

納得、信頼、精進

現在デモ中で2冊目にこの書籍に出会いました。
従来のチャートの説明やクロスばかりに注目した内容と違い、
レートの真理に裏付けられた理論は大変納得でき説得力がありました。
また維新の介さんが机上の評論家的でなく、百戦錬磨のリアルトレーダーなので、
その経験からもたらされる内容は信頼感の持てるものだと感じました。
繰り返し読んで無意識的有能を目指していきたいと思います。
ありがとうございました。


トレードに留まらない考え方

FXを始めてみたものの、正に買ったら下がる、売ったら上がるでした・・・。
損切りの根拠も曖昧で、利益を出してもその数倍損をだして、収支マイナス・・。
この本に出会って、知識の根拠が有れば、メンタルは自然と鍛えられる(と言うか、気持ちに余裕が出来る)事が、実感しました。
これは、トレードだけでなく、私生活や仕事でも言える事だなと思い、自分自身が一つ成長した気がしました。
テクニカルな面では、フォロー動画が非常に分かりやすくて、解説本やHOWTO本の中では群を抜いて親切丁寧だと思いました。


本物

これまで株、FXの本を軽く50冊超えるぐらいは読んで来ましたが、その中で最高の1冊!
過去の投資の失敗の理由がよくわかりました。
目から鱗の連続。なんだ、そうだったのかー!って、読みながら何度、口に出したことか。
介さんの真摯な性格も行間から滲み出ていて、いい本ですね!


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/07/27 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)