わかりやすい相場が続いています 本日のテクニカル分析【7月15日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【7月15日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユーロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新


短期(緑)も上昇ダウを築いていますね
でもその上昇幅が狭くなりつつあり
ダイバージェンス発生間近か?


こうなってきたらあまり深追いしないほうがいいですね
追いかけるなら
とりあえず下位足で早めの決済を心掛けてください


下げてくるとしたら
長期(青)レベルの前回の高値(ネックライン)付近があやしい


上昇に転じつつある日足(赤)の移動平均線にも支えられ
「わかりやすい」サポートライン(ネックライン)にも支えらえ
なんてことになったら
安定した上昇に移りやすくなります


4時間足ではなく
日足レベルでも認識される上昇ダウが発生しますのでね


でもその日足レベルの上昇ダウは
まだ週足レベルには支えられていないため
上位足で見る限りは不安定です



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
上昇トレンド中です


でもその高値更新幅は前回よりも狭まりつつあり
MACDはダイバージェンス発生


チャート上のオレンジライン(上)には注意
短期(緑)レベルで高値を切り下げながら割ってくると
その後売られやすい相場となります


またその下のオレンジライン
これは昨日の上昇起点のレジサポ逆転ライン
下げてきたらここも意識されそう


もちろん長期(青)レベルの前回の高値も
今後サポートラインとなる可能性が高いですよ


こうやってみると
意識されそうなラインがいっぱいありますね


これらのラインが有効に働いたかどうか?
その判断は下位足のダウです(←この考え方超重要!)


相場自体は
先月末の暴落以降
すごくわかりやすい状態が続いていますね(^^)
しかも値幅があるから楽しい♪


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

劇的な変化を遂げました

マニュアルを購入するまでは、なんの根拠もなくトレードする毎日でした。
今まで見ていたテクニカルツールの見え方が劇的に変わり、少しずつですが、資金が着実に増えています。
また、購入後毎日届くメルマガも非常に参考になりますし、何より継続的に学ぶことの大切さを知るきっかけになりました。
このマニュアルに出会えて良かったと心から思っています。


相場は楽しいです

FX投資は10年位やってます。年間トータルプラスですが、自分の投資スタイルに満足できませんでした。
この本と出会ってからなんですが、考え方が本当に変わりました。
ここ最近の成績も見違えるようによくなりました。
ここは伸びそうな場所だな、なんて考えたことも無かった自分、ただここは売りで、ここは買だなとなんとなく取引してました。
ここは買でも伸びそうもないのでやらないって決めると、結果不思議と負けない相場になってるんですよね。
同じ相場は絶対にないですが、
この本を理解できるまで何回も取引をして、技術を磨けば負けない考え方にきっとなると思います。


トレードへの幻想を打ち砕く書

トレードは、相場の向こう側のトレーダーとの駆け引きであることが分かりやすく解説されています。
そのことから、トレードで一攫千金は有り得ないことを指摘した上で、
理にかなったトレードをつづけることにより利益をつみあげることが可能であることを示してくれます。
必要な理屈は教えてくれますが、自分が努力しないと決して勝てない点で、スポーツの教本に似ていると思いました。
その点についても、
本文でごまかすことなく何度も説明されます。
誠実な書だと思います。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/07/15 08:34 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)