トレンドの反転「可能性」から捉える方法 本日のテクニカル分析【7月11日(月)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【7月11日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユーロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値を切り下げていますが
安値はまだ更新していません


そしてその安値(青)ですが
短期(緑)レベルで見てもまだ安値を更新せず
短期(緑)直近安値付近でレートは停滞中


これで下位足が上昇方向にトレンド反転したならば
下位足から徐々に手仕舞いの買いの動きが入ってくるかもしれません


でも短期(緑)直近高値を更新するまでは
この時間軸では買いが優勢とは言えないですね


そこで初めて4時間足レベルでトレンド転換した「かも?」
ということになりますので


現時点でこの4時間足は長短ともに下げトレンドを継続中
気を付けるべきはまず直近短期(緑)安値
そして次に長期(青)直近安値
というだけです



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値を更新し高値も切り下げ中


でもまだ長期(青)直近安値は割っていません


短期(緑)は下げダウを築いていますし
長期(青)とあわせて考えれば売り局面です


でも長期(青)直近安値ライン上で
短期(緑)レベルの下げ幅は狭くなり
底堅いのが見てとれます


さらにオシレーターもダイバージェンス


トレンド転換か??


と言ってもオシレーターだけで判断できるわけではないので


あ、ここ注意ですよ
オシレーターの売られすぎ等でトレンドの反転を判断している人多いですからね


トレンド反転するには
そこに反転するべき理由があり
そして実際に直近高値を更新
つまりダウで見てもトレンド反転しておく必要があります


移動平均線も大切ですね


トレンド反転したと思っても
上位足の移動平均線が下げていれば
また急落する可能性がありますので(グランビルの法則)


現在は長期(青)直近安値ライン上で下げが弱まりつつあり
さらに5分足レベルで小さく安値切り上げ(紫)


トレンド反転可能性の高いところで
下位足のトレンド反転です


下位足のトレンド反転とは言っても
1時間足でも確認できる安値切り上げですので
手仕舞いの買いが入ってくるきっかけになる可能性がありますので
注意が必要です


私はこういうところから買っていくのがけっこう得意(^^)


ただし4時間足の移動平均線(赤)が下げまくっていますので
レートもすぐに下げてくる可能性あり
かなり注意が必要な局面です


繊細なトレードで細かく獲っていくか
大胆に損切り覚悟でゆったり伸ばしていくか
どちらかを選択する必要がありますね


もちろんまだ短期(緑)レベルで下げダウを築いているので
基本は売り目線


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

予想外のフォロー

テキストを手に入れたからと言って即勝ちにつながるものではなく、相場に対しての考え方を教えてくれてます。
最初は読んでそうだよなぁって感じでしたが、テキストを買ってそれで終わりではなく、
メルマガがあったり、追加で資料をもらえたり・・・正直予想外でありがたく感じてます。
今日もプレゼントが届き、自分のトレードを見つめ直すきっかけにもなりました。
自分のレベルを一歩ずつ上げていきたいと思います。
ありがとうございます!!


素晴らしいです!

以前から、移動平均線を中心に学んでトレードしていましたが、
「大衆心理」に注目するという考え方でチャートを見るようになってから、移動平均線がまるで別物のように見えてきました。
チャートを見るのが楽しくて睡眠不足が続いています(笑)
トレードの成績も順調で先月は資金を30%増やすことができました。
エントリーしてからグイグイと利が伸びていくのは快感ですね。
フォロー動画等もすごく参考になります。
この教材を生み出してくれた維新の介さん並びに江崎さんには本当に感謝しております。今後も楽しみにしています。


著者の経験から得られた濃いエキス

数十冊或いは数百冊の本の内容を著者の体験から有用な部分をわかりやすくまとめた濃いエキスのように感じました。
出来高が把握できないFXでもそれを示す指標があることや、楽観エリア悲観エリアという考え方はなるほどと感じました。
聖杯探しに迷走することで機械損失するよりもテクニカルを重視し、
リスク管理して根気よくチャレンジし続けるしかないということですね。
著者の領域に達することは難しいかもしれませんが、その方向に向かって精進いたします。



大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/07/11 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)